情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

【伝わる文字表現】第4回 注意を促す

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20220530/20220530192943.jpg

より伝わる注意の促し方を教えます。今回は「危険であることを伝える」注意の促し方です。

■目次■

 

文字のベタ打ちはダメ!

みなさん、普段はどのように注意を促す掲示物を作っていますか? もしかして、このようなヤツ↓ですか?

これは、「きけん(⚠)」と文字を打ち変換して記号を表示させたものに「危険」と漢字で語句を添えたものになります。

 

実はコレ……

ダメなんです!

 

記号で「きけん(⚠)」を絵文字で表示させると異機種間でデータをやりとりする際に文字化けすることがあります。特に、iOSAndroid間で問題が発生します。

 

また、単に「危険」と漢字表記してしまうことも問題があります。その「危険」は危険であることが必ず伝わりますか? 雰囲気では危険であることが伝わらないかもしれません。

 

なので、少し変えてみましょう!

 

 

 

ほんの少し変えるだけ!

まずはこんな感じ↓。

漢字からひらがなに変えました。フォントもひらがなの温かみを感じやすいものにしました。

 

続いてこんな感じ↓。

「きけん(⚠)」を記号・絵文字から変えました。今回は画像ファイルをダウンロードして使いました。黄色は自分でつけました。

 

最後にこんな感じ↓。

漢字バージョンも必要なときがあるので、漢字の「危険」ですがフォントを雰囲気あるものに変更しました。筆で書いたようなフォントのため危険さが伝わると思います。

 

 

 

まとめ

今回は注意を促す(危険)デザインについて教えました。

文字や記号のベタ打ちから色やフォントで強弱をつけることで、より伝わるデザインになると思います。

 

ぜひ、今日から実践してみましょう!

 

これまで掲載した「伝わる文字表現」に関する記事は、次の画像をクリック(タップ)するとアクセスできます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20220516/20220516101021.jpg

お手すきの際にご覧くださいm(__)m

 

 

Report:R-kun情報保管庫
Photo:R-kun Office