情報保管庫

情報で生活を豊かにする

【レビュー】世界標準のヘッドホン『ATH-M50xBT2』の音を聴いてみた!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20230105/20230105122405.jpg

世界のスタジオで使われているオーディオテクニカ製のモニターヘッドホン「ATH-M50xBT2」の音を聴いたらスゴかった。

目 次

 

オーディオテクニカ


株式会社オーディオテクニカ(以下、オーディオテクニカ)は東京都町田市に本社を構える日本の音響機器・映像機器メーカーである。1962年の創立以来、日本国内外の多くの人に音を通じて心豊かな暮らしを届けてきた。

 

そんなオーディオテクニカのモニターヘッドホンは多くの音楽家・音楽愛好家の間で愛されている。海外での需要も多いようだ。

 

数多くあるオーディオテクニカ製のモニターヘッドホンの中でも、直径45mmドライバーを搭載した『ATH-M50xBT2』の人気が高い。初代「ATH-M50」が発売されたのは2007年のこと。あれから14年の歳月を経て、2021年に『ATH-M50xBT2』が発売された。この14年の間にBluetooth接続に対応するなどアップデートが繰り返されてきた。

 

この記事では世界で愛されているオーディオテクニカ製モニターヘッドホン『ATH-M50xBT2』をレビューする。

 

それではいってみよぉ~!

 

 

開封

外箱はこんな感じ。

箱に型番が明記されているため、開封前に間違っていないか確認しよう。

 

同梱物はこちら。

本体、充電ケーブル(USB Type-A・Type-C)、3.5mmオーディオケーブル、キャリングポーチ、取扱説明書の5点が入っていた。

 


3.5mmオーディオケーブルは両側3.5mmになっている。パソコンやスマートフォンなど様々な端末で使える。片側のプラグはL字になっている。

 


キャリングポーチにはオーディオテクニカのロゴが入っている。おそらく、合皮だと思われる。巾着袋みたいな感じ。

 

 

本体


本体は“ほぼプラ製”って感じだが、安っぽさは感じない。ほどよい重量感もある。

 


ちゃんとLRの左右表記もある。

 



イヤーカップは回転させたり反転させたりできる。

 


折りたたむことだってできる。この状態でキャリングポーチに入れて運ぶことが想定されているんだろう。

 


伸縮部分には筋が入っている。この部分に引っかかり伸縮することができる。ややクリック感がある。

 


装着感は良い。オーバーイヤータイプだが耳への負担・圧迫感はない。ブンブン振ってもズレたり落ちたりすることはない。

 

 

視聴してみた

パソコンやスマートフォンDAPで視聴してみた。音の鳴り方や接続の違いによる音の違いを聴き比べてみた。

 

 


当たり前の話、有線の音はとってもイイ! ちゃんとモニターらしい音である。特定の音が気持ち悪いほど強調されていたり、ドンシャリだったりすることはない。全音域がまんべんなく聞こえる。これは私の耳だからかもしれないが、わずかに高音域がよく聞こえるように感じた。

 

無線(Bluetooth LDAC)でも問題ない。有線並の音が聞こえる。ただ、有線と比較すると有線の音がイイに決まっている。「無線感」というものは消せない。だが、無線で問題あるかというとそういうわけではない。無線でもチープさを感じさせないモニターらしい音が鳴る。これはスゴイと思う。

 

 

テクニカルデータ

テクニカルデータはこんな感じ。

 

 

まとめ

オーディオテクニカ「ATH-M50xBT2」の音を聴いてみて「さすが世界の音!」って感じた。世界中のスタジオで愛されている音……言い換えれば「世界が認めた音」である。世界が認めた音を無線でも有線でも聴くことができる。オーディオテクニカの音響パフォーマンスってスゴいなと感じた。

 

音については申し分ない。もちろん、これ以上に良い音やこれ以下に悪い音もある。だが、世界銃で使われるモニターヘッドホンの音と考えるとどうだろう? 「ATH-M50xBT2」は世界中のスタジオで使われている。「ATH-M50xBT2」から多くの名曲やヒット曲が誕生したに違いない。……ということは「ATH-M50xBT2」はグローバルスタンダードなのだ!

 

しかし、キャリングポーチは何とかならないかな? 質感はとってもイイのだが、巾着袋というのはいかがなものか。ガジェットポーチのようにファスナーで締められるもののほうが良い気がする。ここが改善点かな?

 

以上、ファーストインプレッションはこんな感じ! また何か感じたら記事にて報告するね。

 

Reference:オーディオテクニカ
Report:R-kun
Photo:情報保管庫