情報保管庫

情報で生活を豊かにする

流行の「コラージュ川柳」をやってみた!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20221202/20221202184920.jpg

いま「コラージュ川柳」が流行っているらしい。なので、コラージュ川柳にチャレンジしてみたよ!

目 次

 

コラージュ川柳とは?

先日、Twitterを見ていたら「コラージュ川柳」というものが目に飛び込んできた。

コラージュ川柳(@collage575)とは、新聞などの印刷物を5・7・5で切り抜き、上の句・中の句・下の句で3枚合わせて川柳を作ることである。

2011年に芸術家・柴田英昭さんが考案したものである。柴田英昭さんは淀川テクニック(@shibatahideaki)というアーティスト名で活動している。

 

 

 

コラージュ川柳にチャレンジ!

いま、コラージュ川柳はTwitter上で大きな注目を集めている。そんなコラージュ川柳にチャレンジしてみた!

 

基本ルールは次のとおり。

俳句と異なり、5・7・5の音に合わせて文章を作る。俳句よりは簡単かもしれない。

 

コラージュ川柳のTwitterアカウントには、次のようにコラージュ川柳を上達させるための秘訣が公開されている。

コラージュ川柳の基本ルールおよび秘訣に沿って、コラージュ川柳を詠んでみた。

 

では、どうぞ……

 


新鮮な
高いカツラ
届けたい

 


底なしの
ポイント還元
200超

 


ツイッター
役に立てれば
だいじょうぶ

 


特別な
第九の響き
クセになる

 


究極の
まだ見ぬ景色
縁の下

 

 

 

かなり楽しい!

コラージュ川柳を詠んでみて感じたのは「かなり楽しい!」である。5・7・5の音に合わせて、意味は分かるけど変な状況の文章を考えるのが楽しかった。

 

でも、切り抜きを集めるのが大変だった。新聞からコラージュ川柳に使えそうな見出しや記事本文を探しても、どの見出しや記事本文がどんな場面で役立つのか想像できず、どんな言葉を切り抜いたらよいのか分からなかった。コツをつかめば、スラスラと進むが、コツをつかうまでが難しいだろう。

 

意外と5音の言葉を探すのは簡単だった。新聞の見出しや記事本文に決められたルールがあるためか分からないが、上の句と下の句で使う5音は簡単に見つかる。でも、中の句の7音を探すのは難しい。

 

最初のうちはやむを得ず、字余りや字足らずになってしまった。だが、何度もコラージュ川柳を詠むうちに少し慣れてきた。

 

コラージュ川柳は頭の体操になるぞ!

 

ということで、コラージュ川柳に興味を持ったのなら、みなさんもこの機会にコラージュ川柳を詠んでみてはいかがだろうか?

 

 

Reference:コラージュ川柳(@collage575)
Report:R-kun
Photo:情報保管庫コラージュ川柳(@collage575)
Screen shots:コラージュ川柳(@collage575)