情報保管庫

情報で生活を豊かにする

タイルカーペット愛用者が語るメリット・デメリット5選

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20221118/20221118093122.jpg

タイルカーペット愛用者の私が、タイルカーペットのメリット・デメリットをそれぞれ5つずつ語ります!

目 次

 

タイルカーペットを張り替えた

以前、タイルカーペットを張り替えた記事を掲載した。その記事で少しだけタイルカーペットのメリット・デメリットに触れた。

今回、改めてタイルカーペットのメリット・デメリットに触れていきたいと思う。「どうせなら」ということで、タイルカーペットのメリット・デメリットをそれぞれ5つずつ述べていこうと思う。

 

題して、タイルカーペット愛用者が語るメリット・デメリット5選~~~!!

 

 

 

タイルカーペットのメリット

まずはメリット。

 

①どんな部屋でも張れる
タイルカーペットは1枚が50cm×50cmのタイルになっているのが特徴的。さらに、カッターナイフで簡単に切ることができる。よって、部屋のサイズ・形状にとらわれることがない。どんな部屋でもピッタリに張ることができる。

 

②掃除がラク
タイルカーペットは1枚ずつバラバラになっている。そのため、汚れた箇所だけ剥がして洗うことができる。車のフロアマットを洗うような感覚で洗える。洗った後、しっかり干して元に戻せば、今までどおり使うことができる。メンテナンスがラクね。

 

③種類が豊富
タイルカーペットは様々な色や模様がある。単色のものもあれば、草のような模様があるものもある。デザイン、カラーバリエーションともに豊富なため、必ずお気に入りのタイルカーペットが見つかる。

 

④キャスターが転がる
タイルカーペットは一般的なカーペットよりも毛羽立っていない。そのため、キャスター(車輪、タイヤ)が思うように転がる。引っかかりも感じない。さらに、一般的なカーペットよりも家具を滑らかに動かすことができる。

 

⑤耐久性に優れている
タイルカーペットは様々な規格をクリアしている。そのため、燃えにくい素材であったり、摩耗しにくい素材であったりする。一般的なカーペットよりも遙かに耐久性が優れているといえる*1

 

 

 

タイルカーペットのデメリット

次にデメリット。

 

①労力
タイルカーペットは20枚1セットで購入したり、バラで購入したりする。当たり前の話、枚数が増えれば増えるほど重たくなる。運ぶのが大変だ。さらに、1枚ずつ切ったり張ったりしなければならない。一般的なカーペットよりも労力がかかるかもしれない。

 

②実は正方形じゃない
タイルカーペットは1辺が50cmであることが多い。きっと、メーカー問わず、日本で手に入るタイルカーペットは1辺が50cmだろう。しかし、実際には誤差がある。1辺が49.8cmと短いこともある。なかには、50cm×49.9cmの四角形になっていて正方形になっていないこともある。よって、張っている途中で「なんかズレるな……」って感じることがある。

 

③ロット番号で色が変わる
メーカーによって同じ「青」という色でも少し色味が異なることがある。さらに、ロット番号によっても色味が異なることがある。同じ「青」という色でもロット番号が異なれば、色の濃淡や模様の付き方などに差が生じる。これは製造上、しょうがないことである。なので、タイルカーペットを購入する際はロット番号を揃えて購入すること。

 

④やや高い
タイルカーペットは一般的なカーペットよりも少しお値段が高い。タイルカーペットから得られる「得」を考慮すると、お値段が高くなってしまうのにも分かる気がする。決して「ぼったくられている」とか「コスパが悪い」というわけではない。むしろ、一般的なカーペットよりもコスパは良いと思う。ただ、一度に支払う金額が一般的なカーペットよりも大きいということね。

 

⑤購入がめんどい
タイルカーペットは購入がめんどい。家具屋やホームセンターでも購入できるが、イイものを購入しようとなるとメーカーから直接購入したり、販売代理店を介して購入したりする必要がある。望ましいのは、メーカーから直接購入することである。メーカー直接なら必ずちゃんとしたものが手に入るし、価格も適正だからね。ただ、購入前に見積もりをしないといけなかったり、個人での注文を受け付けていなかったりする。

 

 

 

まとめ

さて、タイルカーペットのメリット・デメリットは以上となるが、いかがだろうか?

 

デメリットを聞いてしまうと「めんどいな……」と感じるかもしれない。でも、タイルカーペットを張って得られることを考えれば、上述のようなデメリットがあるのも分かると思う。

 

「張るのがめんどいな」って思ったかもしれないが、6畳くらいの部屋サイズなら約2時間で張ることができる。まっさらの部屋なら2時間もかからない。

 

……と考えると、タイルカーペットも悪くないんじゃない~? ぜひ、この機会にタイルカーペットを検討してね。

 

Report:R-kun
Photo:情報保管庫
 

 

*1:メーカーや価格によって異なる。