情報保管庫

情報で生活を豊かにする

【PowerPoint】フォントの印象に注意しよう!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20221016/20221016183546.jpg

なぜ、プレゼン資料ではゴシック体を使うのでしょうか? それは、フォントに印象があったからです。

目 次

 

はじめに……

今回のテーマは「フォントの印象」です。皆さんが使うフォントには、それぞれ印象があります。誠実さ、真摯さ、温かみ、個性……など印象は様々です。

 

さて、プレゼンのスライド資料を作るときにフォントの印象を意識しているでしょうか? ひょっとして、何も考えずにゴシック体や明朝体、ポップ体を使っていませんか? ぜひ、この記事を最後までフォントが持つ印象を覚えてください。この記事では、ゴシック体や明朝体、筆文字といった皆さんがよく使うであろうフォントを選びました。きっと、理解しやすいと思います。

 

それでは、いってみよぉ~!

 

 

 

フォントの印象

一般的に、プレゼンのスライド資料では「ゴシック体を使うべき」とされています。これは私だけでなく、他の方も同じことを言うと思います。ゴシック体は「可視性」に優れていることからプレゼンのスライド資料で用いるフォントとして重宝されます。また、誠実さもゴシック体なら与えることができます。よって、プレゼンのスライド資料ではゴシック体が適していると言われます。

 

では、これが丸ゴシック体だとどうでしょうか?

角があるゴシック体の派生である丸ゴシック体は、丸みがあるため温かみ・柔らかさを与えることができます。その分、ややポップな雰囲気になるため、真摯さというものが欠けてしまうかもしれません。よって、プレゼンのスライド資料では適さないとされています。

 

ではでは、明朝体だとどうでしょうか?

ゴシック体同様に誠実さ・真摯さを感じることはできます。ビジネスの場面においても適していると言えるでしょう。ただ、明朝体可視性に優れていません。代わりに可読性に優れています。よって、スクリーンやモニターに映すフォントとしては、ゴシック体より適していません。なので、明朝体配布資料など印刷するものに用いると良いでしょう。

 

ではではでは、教科書体はどうでしょうか?

やや筆っぽさを感じるのが教科書体です。なので、プレゼンのスライド資料にはやや適さないのかもしれません。たた、学校や塾などの教育機関で板書のスライド資料として使うことには適しているでしょう。教科書体は字の正しい書き方・表し方が分かります。なので、教育機関で用いると良いでしょう。

 

最後に、デザイン書体はどうでしょうか?

デザイン書体は個性が溢れデザイン性に富んでいます。そのため、プレゼンのスライド資料には適していません。ただ、ポスターなどの掲示物やチラシなどには適していると思います。デザイン書体は可視性・可読性に欠けるため、プレゼンで使うことは避けましょう。

 

 

 

まとめ

一般的な場面における投影用のスライド資料には「ゴシック体」を使うと良いでしょう。もう、「困ったらゴシック体!」と思っても良いかもしれません。

 

ただ、配付資料には「明朝体を使うと良いかもしれません。明朝体は可読性に優れています。紙に印刷されたものを読むときは、ゴシック体よりも明朝体のほうが読みやすいです。文字がたくさん並ぶ書籍のフォントには明朝体が採用されていると思います。また、紙に印刷する際、明朝体はゴシック体よりも使用するインクの量が少ないです。ゴシック体なら印刷時に文字が潰れてしまうことがあります。よって、紙媒体なら明朝体が適しているでしょう。

 

デザイン書体はプレゼンのスライド資料には適していません。デザイン書体はプレゼンではなく、ポスターなどの掲示物、広告やチラシなど他の場面で活用しましょう。

 

以上、フォントの印象でしたぁ~!

 

Report:R-kun
Photo:情報保管庫、写真AC