情報保管庫

情報で生活を豊かにする

【左ききの道具店】来年の「左ききの手帳」がやって来た!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20221006/20221006083428.jpg

左ききの手帳2023」が私の手元に届きました。これで、来年も「左ききの手帳」で一年を過ごせそうです~。

目 次

 

届いた

来年の「左ききの手帳2023」が私の手元に届いた。1週間も経たずに早く届いた。これで、来年も「左ききの手帳」とともに一年を過ごすことができそうだ。

 

 

 

同梱物たち

来年分から手帳の仕様を変えてみることにした。手帳本体のみを購入し、手帳カバーも合わせて購入した。今年も「左ききの手帳」を使ったし、来年も「左ききの手帳」を使う。ならば、再来年も「左ききの手帳」を使うだろうと思い、中身だけ入れ替えるようにしようと思う。

 

左ききの手帳」を購入すると、納品書だけでなく「しろくまpress」というお便り的なものと、冊子メッセージカードステッカーが同梱される。

手書きのメッセージカードには弱い私。これ1つだけでも気分が良い。大切に使おうという思いがグッと強くなる。

 

今年もボールペンが付属していた。「左ききの手帳」を購入すると付属するボールペンである。数量限定のため、無くなり次第終了となる。

あれ、ロゴが2022年モデルと変わったのかな? スタイリッシュなロゴになった。これも良い。昨年もボールペンを貰って思ったんだけど、「このボールペンが売られればイイのになぁ~」って今年も思った。ロゴの向きが左きき仕様になっているんだもの。

 

 

 

2022年と2023年の違い

さて、手帳本体。2022年モデルと大きな変更はなく、左ききに最適化された使い心地は相変わらずといったところだ。

 

ただ、仕様が変更された点は大きく2つある。

 

まずは、試し書き用の紙だ。2022年モデルは、不要になった紙が手帳に付属した。

2023年モデルは手帳の保護に使われている帯が試し書き用になっている。手帳を使うときに帯は外して破棄してしまう。この帯を試し書きに使えるのは無駄がなくて良い。いろんなペンで試し書きしてみよう。

 

方眼の目も変わった。

2022年モデルは5.5mm方眼だった。2023年モデルは4.4mm方眼に変更された。「左ききの手帳2023」のニュースリリースには、変更された理由についてこう書かれていた。

 

今年は大きな仕様変更は行わず、細かな調整のみ行いました。
まず、週間メモページの方眼サイズを少し小さくしました。(5.5mm→4.4mm)これにより、週間スケジュール1日の枠の縦幅に対して4マスだったものが5マスになりました。
ガイドに合わせてきっちり書く派の方も、あまり気にしないで自由に書く派の方にもちょうどよい存在感になっているのではと思います。
また、この変更に合わせて巻末のメモページの方眼も、週間ページと同じサイズに統一しました。
[引用:https://hidari-kiki.jp/blogs/contents/techo-2023-yokoku2

 

私は書く文字サイズが大きいので、5.5mm方眼のほうが勝手がよかった。4.4mmになったことで、ギュッと小さくなってしまったように感じる。でも、私のラッキーナンバーは「4」。「4.4」はラッキーナンバーが2つある。肯定的に捉えることにしよう。

 

 

 

タイトル

無事に来年の手帳が届いてハッピーな私。これで、来年一年も良い年になりそうだ。ありがとうございます!

 

あと……手帳のハードカバーも購入したんだけど、これは改めてレビューする。次回記事になるかな。それまでお楽しみに~。

 

Reference:左ききの道具店
Report:R-kun
Photo:情報保管庫