情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

私の「よく使うフォント」~2022年秋~

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20220910/20220910125101.jpg

コメント欄に質問が届きました。質問にお答えして「よく使うフォント」を紹介します。

目 次

 

質問をいただきました

先日、過去記事「最強の筆文字が決まる?! 筆フォント選手権~~~!」のコメント欄に1つの質問が届きました。

質問の内容は次のとおりです。

以前によく使うフォントを紹介されていましたよね。今のよく使うフォントや推しフォントは何ですか?

 

質問、ありがとうございます。では、お答えします。

 

 

 

よく使うフォントは?

あまり変化していないかも?

実は私、過去の記事で「定番フォント」や「推しフォント」を紹介したことがあります。「情報保管庫 定番フォント」と検索していただくと、検索結果に記事が出てくると思います。

2021年3月と2022年4月に記事を掲載していますね。実は、私の「よく使うフォント」はこの頃とあまり変化していません……。ほとんど同じです。

 

でも、若干異なります。……なので、改めて「よく使うフォント」を紹介します。あわせて、「おすすめフォント」も紹介します。

 

 

よく使うフォント

こんな感じのダミーテキストで紹介しようと思います↓。

ゴシック体(サンセリフ)系を2つ、明朝体(セリフ)系を2つ紹介します。

 

ゴシック体は「UD角ゴ_ラージ」と「筑紫ゴシック」です。

いずれもフォントワークスのフォントです。「UD角ゴ_ラージ」は使用頻度が高いです。というのも、UD角ゴシリーズはテレビなどの放送業界で多く使われています。なので、誰にとっても馴染み深いフォントなんです。UD角ゴシリーズをアレンジしたフォントはSONY Xperiaシリーズで使われています。「馴染み深い」という点からこのフォントをよく使っています。

 

しかし、UD角ゴシリーズは角が多く圧迫感や緊張感を感じることもあるでしょう。温かみを感じさせるために筑紫ゴシックを使うことがあります。

 

明朝体は「UD明朝」と「リュウミン」です。

「UD明朝」は他の明朝体よりも懐が大きく、濁点・半濁点が見やすく作られているのでディスプレイ表示でも紙表示でも見やすいと思います。

 

リュウミン」は本文フォントとして採用される機会が多いと思います。たとえば、雑誌とか論文とか……。なので、これもまた馴染み深いと思います。私も長文にはリュウミンを使うことが多いです。

 

 

おすすめフォント

さて、ここから「おすすめフォント」です。もし私が誰かに使うフォントを薦める・提案するならという体で選びました。

 

まずは、「BIZ UDP新ゴ」です。

「新ゴ」をベースに作られたUDフォントです。NHKのテロップでも使われています。仮名や英数字が他のUDフォントよりも判読しやすいと思います。いかにもユニバーサルデザインというのを感じます。

 

次に、「ヒラギノ明朝」です。

Apple製品にプリインストールされています。だからか、街で見る機会も多いと思います。MS明朝や游明朝よりもワンランク上を目指したいのならヒラギノ明朝です。

 

 

 

まとめ

私はフォントワークスのフォントを使う機会が多いです。フォントワークスのフォントは放送業界や出版業界など様々な業界で多く採用されています。つまり、街中や家の名でよく見るフォントなんです。なので、馴染み深いと思います。この馴染み深さを利用して私はフォントワークスのフォントを多く使います。

 

もちろん、馴染み深さを考慮してデザインフォント(筆文字やポップ体など)もフォントワークスのものを多く使います。

 

私のよく使うフォントはこんな感じです。参考までにどうぞ。そして、質問してくださった方、ありがとうございました~。

 

Report:R-kun
Photo:情報保管庫、PAKUTASO、写真AC