情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

結束バンド「黒」と「白」の違い

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20220826/20220826114105.jpg

結束バンドには様々な色がある。この記事では主流の白色と黒色の違いを説明しよう!

目 次

 

結束バンド

日曜大工やDIY、配線整理でしばしば使われるのが結束バンド。「結束バンド」や「カラータイ」、「ケーブルタイ」、「インシュロック」など商品名にちなんだ呼び名もある。

オシャレ系YouTuberの動画なんか見ていると「ケーブルマネジメントには目立たない黒の結束バンドがオススメ!」と紹介されていることもある。

 

では、黒色の結束バンドは何のためにあるだろうか? 「目立たないため」が本当の目的ではないのだ!

 

 

 

屋内用と屋外用

一般的に白色の結束バンドは「屋内用」とされている。素材の特性上、日光や雨ざらしには弱い。そこで、黒色の結束バンドがある。

黒色の結束バンドは「屋外用」とされている。白色の結束バンドよりも耐候性に優れているのだ。このことは結束バンドのパッケージにも明記されている。

 

ちなみに、結束バンドの長さが足りなくなったときは連結するという裏技がある。

しかし、これは一時的な応急処置的なもののため、ちゃんと合った長さの結束バンドを用意してほしい。

 

 

 

結束バンドの適材適所

結束バンドの色にはちゃんとした理由がある。オシャレだから、目立たないからといった理由ではない。そのものの本来の意味を理解して使うと、より効果的に使うことができる。

 

実は、マスキングテープの色にも意味があるんだけど……これはまた別の機会に説明しよう。

 

Report:R-kun
Photo:情報保管庫