情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

【PowerPoint】「循環の図」を分かりやすくしよう!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20220811/20220811135712.jpg

PDCAサイクルを例に「循環の図」を分かりやすくデザインしよう!

■目次■

 

よくあるダメな循環の図

PowerPointの標準的な機能をそのまま使うと、次のような循環の図ができあがります。

Smart Artという機能を使いました。異様にカラフルで、文字のサイズが小さくて、バランスが変で……。

 

これではダメですよッ!

 

では、どうしてダメのかというと、次のような理由があるからです。

文字の流れに縦と横の両方が存在するため読みにくいです。さらに、カラフルで色の雰囲気が揃っていません。また、循環を示す図とはいえないでしょう。

 

なので、デザインを整えて、受け手に安心感を与えましょう。今回は「より分かりやすい」と感じる循環の図を説明します!

 

 

 

「分かりやすい」と感じる循環の図

こちらがダメな循環の図です↓。

これを美しく仕上げます。

 

こんな感じ↓でどうでしょう?

まず、色の雰囲気を「青系」で統一させました。次に、文字を見やすくしました。そして、循環を示す矢印のデザインにしました。

 

このデザインはPowerPointのSmart Artという機能を使わずに、円や矢印といった図形を組み合わせて作りました。

 

このように、整った雰囲気で循環を示すと、情報が頭に入りやすくなります。

 

 

 

まとめ

文字の方向や色を揃えてあげることで、「分かりやすい!」と感じるデザインにすることができます。

 

今回のブラッシュアップで「より分かりやすいデザイン」に仕上げることができました。

ぜひ、今日から意識して美しいデザインにしていきましょう~!

 

 

Report:R-kun情報保管庫
Photo:R-kun Office