情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

【PowerPoint】スッキリした目次デザインを教えます!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20220805/20220805114425.jpg

ゴチャっとしがちなPowerPointの目次をスッキリしたデザインにブラッシュアップしましょう!

■目次■

 

ダメな目次デザイン

突然ですが、1枚の目次スライドをご覧ください。

「アウトライン」と大きく書かれて、つらつらと項目が続いています。これは、スライド資料でよく見る目次デザインです。

 

_人人人人人人人人人人人_
> これはダメですッ! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

では、どうしてダメなんでしょうか? 理由はこちら↓です。

まず、タイトルと本文の表現の仕方がダメなんです。本文よりタイトルが目立ってしまっては項目に目がいきません

 

次に、「アウトライン」という言葉もダメです。カタカナ表記がダメなんです。英語のカタカナ表記は理解しようとして注目してしまいます。「OUTLINE」なら良かったでしょう。

 

そして、文字の多さや余白の少なさも改善しましょう。

 

 

 

“分かりやすい”目次デザイン

さて、ブラッシュアップした目次デザインがこちら↓です。

まず、タイトルを「CONTENTS」とアルファベット表記にしました。また、色も薄くしています。これで、さり気なくタイトルを示すことができました。

 

次に、示す項目を減らしました。メインタイトルのみ4つを示し、サブタイトルとなるものは削除しました。サブタイトルは目次で説明しなくても、その都度で説明すればよいでしょう(スライド資料の場合はね)。

 

上下左右の余白も均一にしました。上下左右の余白を均一にすることで、洗練されたデザインにすることができます。

 

 

 

まとめ

本文とタイトルに差をつけることが大切ですが、タイトルが目立ってはいけません。なので、“さり気なく”区別をつけることが大切になります。

 

また、文字の量や余白の広さにも注意してください。文字が多すぎると受け手は疲れてしまいます。目次なのでザックリしたもので大丈夫です。

 

ぜひ、今日から意識して目次デザインを作りましょう~!

 

Report:R-kun情報保管庫
Photo:R-kun Office

 

 

TwitterInstagramでも紹介しています!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by R-kun (@r_kun.2000)