情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

【記念日】8月13日は「左ききの日」です! ~左ききあるある10選~

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20220807/20220807152123.jpg

8月13日は「左ききの日」。なので、左ききあるあるを10個発表しよう!

■目次■

 

8月13日は「左ききの日」

1年365日の記念日が掲載されているWebサイト「今日は何の日~毎日が記念日~」によると、本日8月13日は「左ききの日」であるとのこと。

イギリスのLeft-Handers Clubが制定。提唱者の誕生日、だとのこと。この日とは別に、2月10日が日本独自の「左利きの日」となっていたが、現在は「左利きグッズの日」となっている。

(引用:https://www.nnh.to/08/13.html

 

何を隠そう、筆者は左ききである。オギャーと生まれてから22歳になる今日まで左ききなので、左きき歴は22年になる。

 

そんな、左ききのベテランである私が思う「左ききあるある」を10個発表しよう! 左ききではない人に「少しでも左ききの気持ちが分かってほしい!」と思っている。

 

それでは、いってみよ~!

 

 

 

左ききあるある10選

① 異端児あつかいされる

左ききって○○だよね~」とか「左ききって○○でしょ~」とか左ききじゃない人から言われる。でも、左きき左きき以外ってそんなに変わらんよ。

 

② 横書きが辛い

左から右に流れる横書きは左ききには辛い。だって、文字がドンドン見えなくなるから。途中で「何を書いていたっけ?」となる。蛍光ペンで線を引くのも難しい。

 

③ 箸がぶつかる

大勢で食事をするときには「箸がぶつからないかな?」と心配している。なので、左ききがグループにいるときは、それを踏まえて席を配置してね。

 

④ 基本的に逆

スポーツなどでやり方の説明を指導されても、左ききなので持ち手が逆になる。そのほか、左きき以外とは逆の生活をおくっている。

 

⑤ 不便なものが多すぎる

リモコンのボタン配置やテンキーありキーボード、スマートフォンのボタン類、本の開き方、扉などなど、世の中のモノの多くは左きき以外の人が使いやすいように設計されている。それ、左ききだと使いにくいから。

 

⑥ 習字の時間は強制的にハンデを抱える

学校の習字の授業は強制的にハンデを抱えることになる。左手で筆を持って字を書くなんて難しいの極み。筆の入りは体を斜めにしないといかん。そんな私が、左きき以外の人を差し置いて市の展覧会で習字の作品が選ばれたのは、ここだけのナイショ話ね。

 

⑦ もう、慣れた

世の中のモノの多くは左きき以外の人に都合良く作られている。でも、左ききは慣れている。左きき以外の人が使うものを左ききで使うことに左ききの人は慣れている。慣れってスゴイと改めて感じる。

 

⑧ 怒られる

なぜなのか分からないが左ききだと怒られることがある。「なんだよ左ききなのか!」や「左ききかよ~!」ってね。でも、怒るのは年齢を重ねた人が多い。なぜ、怒るんだい?

 

左ききで良かったこともある

私が小学生のころは「女子には左手でボールを投げろよ!」とドッヂボールに体育の先生から男子は言われた。私は左きき。利き手で投げられる。ドッヂボールの時間だけ私は強かった。左ききで良かったと思った。私が左ききであることは先生にはナイショね。

 

左きき以外に憧れる

左きき以外の人が生活をおくる姿を見て、「イイナ」と憧れることがある。だって、便利そうだもん。わざわざ、みんなと逆のことをしなくてイイからね。

 

 

 

左ききをよろしくお願いします

左ききは、左きき以外の人と同じように暮らそうと努力している。左きき以外の人口が圧倒的に多い中、すべてのモノを左ききに都合が良いようにすることは今さらできない。左ききは「左きき以外に合わせて生きていく」しかないと思っている。

 

そんなとき、左きき以外の人の「優しい心」で左ききが救われることがある。特別扱いしろというわけではないが、「左ききもいる」と頭の片隅に置いておいてほしい。

 

左ききを忘れないでね。よろしくお願いします。

 

Reference:今日は何の日~毎日が記念日~
Report:R-kun情報保管庫
Photo:R-kun OfficePAKUTASO写真AC