情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

ぺんてる『Calme(カルム)|BXA107A-A』という静音設計なボールペンを使ってみた

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20220731/20220731115010.jpg

使う人はもちろん、周りの人のことも考えた静音設計なボールペン『Calme(カルム)|BXA107A-A』を使ってみた。

■目次■

 

Calme(カルム)

2021年12月15日にPentel(ぺんてる)から発売された『Calme(カルム)』。静かなノック音革調のロンググリップが特徴的。発売から約8ヶ月が経った今、そのボールペンを使ってみた。

 

 

 

Calmeを使ってみた

Calme』の詳細は公式サイトから確認してほしい。この記事では実際に『Calme』を“使ってみる”ことに重きをおく。

 

こちらが『Calme』の本体。

軸の上部には『Calme』のロゴと太さがプリントされている。

私は黒色インク・太さ0.7mmを購入した。カラーバリエーションは他にもあるよ。

 

軸は革調のロンググリップになっている。

ノックは静音設計とのこと。

従来品よりも音が66%低減したとのこと。たしかに、「カチカチッ」というより「ニューチッ」って感じがする。ノックの静音設計が“売りの1つ”であるため、ボールペンを使う人だけでなく、ノック音を聞く周りの人も考慮しているだろう。

 

ペン先は一般的なボールペンと同じ。

替え芯は黒なら「XBXM7H-A」である。一般的な文房具屋などで購入できる。Amazonでもあるよ。

芯の交換も簡単ね。

 

肝心の書き心地は……

悪くないだろう

 

特別に良いというわけではないが、実務にはまったく問題がない。しかし、ややインク溜まりを感じた。これは私が左利きであるということも問題の1つだが、インクが滑らかすぎる・柔らかすぎるのかもしれない。

 

 

 

「ノック音が静か」を最大限に活かすべき!

さて、ぺんてる『Calme』は書き心地こそは普通だったものの、ノック音が静かであることはポイントが高い。「ノック音が静か」という点を最大に活かして使うとよいボールペンだろう。なので、仕事場や図書館などで一括大量購入し使うときは『Calme』を候補の1つにしたほうがよいだろう。

私は普段使いの1本としてガシガシ使っていくよ~!

 

Reference:ぺんてる公式サイト
Report:R-kun情報保管庫
Photo:R-kun Office
Screen shots:ぺんてる公式サイト