情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

Instagramの機能を使って「アバター」を作ってみた!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20220803/20220803120551.jpg

Instagramの機能を使ってアバターを作ったら、思いのほか完成度が高くて驚いた!

■目次■

 

Instagramアバター機能がある

……どうやら、Instagramには「アバター」を作ることができる機能があるらしい。この機能は今年2022年に追加されたとのこと。

 

すでに多くの人が使っているのを目にするが、私はまだ使っていない。私がアバター機能を使っていなかったのは「別に使う機会なくない?」と思っていたから。

 

でも……「せっかく使えるなら使いたい!」と思ってしまった今日この頃。

 

なので、Instagramの機能を使って、アバターを作ってみようと思う。ただ、ひとつ注意点がある。鏡も写真も見ずにアバターを作ったので、まったく私に似ていない。完成してから気づいたので、もう遅い。その点、ご了承くださいー。

 

 

 

アバターを作る!

アカウント設定からもアバターを作ることができるが、私はストーリーのステッカーからアバターを作っていく。

というのも、ストーリーのステッカーを見て「アバターがあるんだ!」って気づいたから。

 

アバター」をタップすると「アバターを作る?」と聞いてくる。

なので、「アバターを作成」をタップして次に進む。

 

ヘアスタイルから作成が始まる。


めちゃくちゃヘアスタイルの種類が多いので迷う。髪色も選ぶことができる。私は“それっぽいもの”を選んだ。

 

次は服装を選ぶ。

こちらも種類が多いので、かなり悩んだ。私は「汎用性が高いよな」という理由だけでスーツを選んだ。

 

次は体型を選ぶ。

微妙な差で体型を選ぶことになる。体型を選ぶことはできるが、身長を選ぶことはできない。なので、頭と体のバランスがややアンバランスに感じる。

 

次は目の形と目の色を選ぶ。


これもまた種類が多い。わけが分からんくなってくる。でも、それだけ選択肢があるということなので、自分に合うパーツを選べる。

 

アイメイクをすることもできる。

しかし、他の化粧をすることはできない。よって、厚化粧も不可能である。メイク好きの人からすると物足りないかもしれない。

 

次は眉毛と眉毛の色。


パーツと色は豊富に用意されているが、目と眉毛の間隔は設定できないようになっている。さらに、目の間隔を設定することもできなかった。

 

ビンディーの設定にも対応している。

多様的でこれはよいと思った。

 

次は鼻と鼻ピアスの設定。


鼻の高さや幅、太さでパーツを選ぶことができるが、差がわかりにくかった……。鼻ピアスのパーツは思っていたよりも少ないかな?

 

次は唇の設定。


唇の色も設定できる。

 

次は顔の形。



ほくろ・そばかす・しわの設定もできるが種類は他のパーツと比較して少なく感じた。

 

次にヒゲ。

ヒゲの色も設定することができる。

 

次は耳の装飾。


ピアスと補聴器が設定できる。補聴器の色を変えることもできた。なんと、細かい! しかし、耳の形を変えることはできなかった。

 

次はメガネ。


ここでサングラスを着けることもできる。もちろん、色を変えることもできる。

 

最後は帽子。


帽子の種類も色も豊富。普段、身につけている帽子が必ず見つかるだろう。

 

 

すべての項目の設定が終わったら「完了」をタップして確定させる。

アバターの更新が終わったら、「次へ」をタップしてスタンプにさせよう。

 

試しに使ってみるとこんな感じ↓。

うん、なかなか良い!

 

 

 

機会があればアバターを使っていく

さて、今回はInstagramの機能を使ってアバターを作ってみた。パーツ素材の数はかなり多く、多様性に富んでいると感じた。これなら、自分に合うパーツを選ぶことができると思う。

しかし、選んだパーツを細かく設定することができない。たとえば、目の間隔や眉毛の間隔、鼻と口の間隔など“間隔”の設定には弱いのかもしれない。

 

パーツが豊富だからといっても、やはり限界がある。私の場合、目のパーツや鼻のパーツ、口のパーツが似ていない……。マッチするものがなかった。パーツについては個人差がある。

 

ただ、提供された機能を活用すれば、それっぽいアバターを作ることができる。

アバターを回転させたり、自分好みの表情にさせたりはできないが、スタンプの種類を駆使して表情豊かにさせよう。

 

きっと、このアバターが活躍するときが来るはずだ。

 

Report:R-kun情報保管庫
Photo:R-kun Office
Screen shots:InstagramAndroid版)