情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

【記念日】8月1日は「水の日」です

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20220726/20220726181206.jpg

本日、8月1日は「水の日」。国土交通省が1977年に制定したそうだ。改めて、水の大切さを考えなければいけないのだろう。

■目次■

 

今日は「水の日」です

本日、8月1日は「水の日」である。「今日は何の日~毎日が記念日~」によると、国土庁(現:国土交通省)が1997年に制定したそうだ。

 

1年をとおして8月が一番水を使う量が多い月であることから、その月の始めに節水をよびかけるために、この日を記念日にしたとのこと。

 

 

 

8月1日から7日は「水の週間」です

同時に、8月1日から8月7日までは「水の週間」でもある。

 

水の有限性や貴重さ、水資源開発の重要性について関心を高める機会として、8月1日を「水の日」、8月1日から8月7日を「水の週間」とした。この週間中はポスターや講演会などによる啓発活動が行われる。

 

「水を考えるつどい」や「全日本中学生水の作文コンクール」など様々なイベントが「水の日」および「水の週間」中に実施される。

 

 

 

水の大切さを考える

今年5月には筆者の住む愛知県にて明治用水の漏水事故が発生した。周辺企業などでは断水が生じ、田植えができない事態、経済活動ができない事態が生じた。今もなお、復旧工事を行っている。

 

明治用水の漏水事故のこの一件は、愛知県内のみならず全国各地のニュース番組で取り上げられたらしい。私は「愛知県内だけで騒いでいるんだろうな」と思っていたが、大阪に住む知人から「明治用水ってどうなってるの?」とLINEが来た。

筆者は明治用水の漏水事故により、水の大切さありがたさ必要性を感じた。我が家では大事に至ることはなかったが、最悪の場合、我が家まで断水が生じていたかもしれない。その前に何らかの対処はされるだろうが、状況が悪くなる可能性はゼロとはいえない。

 

水は我々の生活になければならない。生活の一部である。必要不可欠である。そんな水の有限性や貴重さ、重要性を改めて考える必要があるだろう。筆者はそう思う。

 

Reference:今日は何の日~毎日が記念日国土交通省
Report:R-kun情報保管庫
Photo:R-kun OfficePAKUTASO