情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

【小学生向け】自己紹介スライドはこんなデザインにしましょう!

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20220710/20220710125757.jpg

 

質問にお答えして、小学生向けの自己紹介スライドのデザインを紹介します!

■目次■

 

質問をいただきました!

先日、質問を1ついただきました。

最近は小学校でもITに関連した授業が行われるようです。その授業の一環としてPowerPointを使い自己紹介スライドを作ることになったようです。

 

わかりました! 「私が考える」小学生向けの自己紹介スライドのデザインを紹介しましょう!

 

 

 

小学生向け自己紹介スライド

まずは、留意したいことをまとめましょう。

まず、明記する項目を決定します。次に、スライドのデザインを決定します。最後に、フォントを決定します。

 

明記する項目はこちら。

今回は比較的にオーソドックスな自己紹介だと思います。明記する項目は学校から指定される項目に従ってください。

 

明記する項目を元に想定する人物を決めました。

今回は「東京太郎」さんをモデルにします。想定人物の情報はすべて架空のものとなっています。

 

さて、デザインを決めましょう。

「自己紹介」ですので、伝えたい情報は「自分」です。「自分」のことが伝わるように華美ではなくシンプルなデザインがよいと思います。使う色は「青系」や「緑系」といったように統一しましょう。「小学生らしさ」というのが難しいです。世の中には色んな小学生がいるので、ポップなデザインが小学生らしいとは言えません。

 

で、実際にスライドにしたものはこちらです。

顔写真をつけました。今回は「顔アイコンジェネレーターZ」を使い、顔写真を作成しました。

 

ここで、文字色を統一させます。顔写真が青系の色になっているので、文字色も青系にします。

氏名とふりがなは濃い青にしました。他は若干薄めの青にしました。

 

最後に、フォントです。

デザイン書体の使用は避けてください。というのも、小学校の授業では「正しい文字」の書き方が国語や書写などの授業で教えられます。よって、続け字やくせ字は好まれません。定番書体や正しい筆順や形状が分かる書体を使いましょう。

 

推奨フォントはこちら。

正しい形状・筆順・搭載ウェイトという3つの観点から「UD デジタル 教科書体」の使用をオススメします。Microsoft Officeが搭載された端末なら標準でインストールされます。

 

で、完成したスライドがこちらです。

文字の大小や太さ、色を調整し完成しました。このようなスライドデザインなら伝えたいことが十分伝わるでしょう。

 

 

 

結局は見やすさ

自己紹介スライドは伝えたいことが多すぎて、ゴチャっとしてしまいがちです。写真を多くつけてしまい圧迫感を感じることもあります。そんなときこそ、意識して整ったバランスのスライドにしなければなりません。この記事を読んだことをきっかけに少しでも意識していただけると幸いです。

 

Reference:フキダジデザイン顔アイコンジェネレーターZ
Report:R-kun情報保管庫
Photo:R-kun Officeフキダジデザイン顔アイコンジェネレーターZ