情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

【フォント】報道資料で使うべきフォントたち

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20220624/20220624210730.jpg

報道資料で使ってほしいフォントの種類をまとめました。ぜひ、参考にどうぞ~!

■目次■

 

報道資料

新商品のプレスリリースや謝罪など報道資料を発表する場は何度かある。私も様々な場面で報道資料を見るのだが、たま~に違和感を覚えることがある。

 

 

「なんで、このフォントなの?」

「どうして、このフォントなの?」

 

 

フォントに違和感を覚えることがある。もちろん、「それがルール」だということは知っている。長~く受け継がれている「自社ルール」というものはある。それにしても、「場違いでしょ!?」と感じてしまうフォントを使うのはいかがなものか?

 

さて、この記事では筆者が「報道資料にはこのフォントを使って!」と思うフォントの種類を書いていこうと思う。「MSゴシック」というような具体的なフォント名ではなく、「ゴシック体」といったようなフォントの系統で示したい。

 

どうぞ、最後まで読んでくださいー。

 

 

 

報道資料で使うべきフォントの種類

報道資料はこんな感じ

今回、題材にする報道資料はこんな感じ。

一般的な新商品発表のプレスリリースを想定したものである。記載されている情報はすべて架空のものである。

 

想定した資料(上の画像)は手書きで書かれたものである。さすがに手書きの報道資料を掲載するわけにいかないので、ここから何パターンかのフォントを用いて整えていく。

 

 

角ゴシック体

まずは「角ゴシック体」。使ったのは「UD角ゴ_スモール」。

報道資料に使われるフォントで意外と多いのが角ゴシック体。可視性に優れた角ゴシック体は文字量が少ない報道資料で効果を発揮する。一文字一文字のインパクトが強いため、一字一句のインパクトをガツンと与えることができる。ただ、圧迫感を与えてしまうことがあるため、長文向きではない

 

 

丸ゴシック体

次に「丸ゴシック体」。使ったのは「UD丸ゴ_スモール」。

温かみを与えることができるのが丸ゴシック体である。そのため、堅苦しくないイメージにしたいときは効果的である。プラスなイメージの報道資料には使えるかもしれない。しかし、汎用性は低いため使用には注意が必要である。

 

 

デザイン書体

次は「デザイン書体」。今回は「大江戸勘亭流」を使った。

デザイン書体は報道資料には不向きである。「筆文字なら和」「丸みをおびた文字ならポップ」といった固定的なイメージを与えてしまう。なにより、読みにくい(見にくい)。

 

 

明朝体

最後に「明朝体」。使ったのは「UD明朝」。

報道資料において最も使用頻度が高いのが明朝体である。明朝体可読性に優れているため、文字数が多くなっても比較的に読みやすい。さらに、どんな場面でも使うことができる。なので、報道資料では明朝体を使ってほしい

 

明朝体と角ゴシック体を組み合わせるとこんな感じ。

メリハリというか強弱がつくため、読み手にとって優しい報道資料となる。ぜひ、タイトルや見出しにはゴシック体(特に角ゴシック)を使ったほうがよいだろう。

 

 

 

色のお話

報道資料では「白紙に黒字の印刷」が一般的だと思う。実際に紙に印刷して配布するものならそれでOK。しかし、PDFなどの電子媒体で配布する場合やWeb上に掲載する場合は文字の色を考え直したほうがよいかも?

 

というのも、「白紙」に「黒字」だとコントラストが高くモニター上で見ると目が疲れてしまうおそれがある。

上の2枚の画像を見比べると下の画像は文字の色をわずかに灰色に近づけてある。完全な黒でもなく、完全な灰でもない色だ。

 

違いをわかりやすくするとこんな感じ。

過剰な灰色にしてしまうと薄墨っぽくなってしまうので印象が悪くなってしまう。

黒色からほんのわずか灰色に近づけてあげるだけで、目の疲れを緩和させることができる。

 

 

 

過剰な装飾はダメ!

過剰な太字、過剰な斜体、過剰な下線、過剰な文字色はダメ!

こんな過剰な装飾が資料の大半を占めると読み手は辛くなる。

たまにあるんだよ、信じられないほどの過剰な装飾が。これはダメ。気をつけてね。

 

 

 

まとめ

さて、この記事では「報道資料で使うべきフォントたち」をテーマに筆者が「このフォントを報道資料で使って!」と思う種類・系統を述べていった。ぜひ、みなさんの参考になればと思う。

 

今日から意識してみてねぇ~!

 

 

Report:R-kun情報保管庫
Photo:R-kun Office