情報保管庫

情報で生活を豊かにする

【日本で初めて電車が走った日】電車怖いあるある10選

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20220502/20220502131810.jpg

5月4日は「日本で初めて電車が走った日」とされている。そこで、電車が「怖い」と感じる私が「電車怖いあるある」を10個お届けする。

■目次■

 

日本で初めて電車が走った日

電車に関する有名な記念日である「鉄道の日」は10月14日とされている。なぜ、10月14日が「鉄道の日」なのかは、国土交通省の公式サイトに明記されている。

明治5年(1872年)10月14日新橋~横浜間に日本で最初の鉄道が開通したことを受け、それから122年後の平成6年、その誕生と発展を記念し、毎年10月14日を「鉄道の日」と定めました。
 鉄道が国民に広く愛され、その役割についての理解と関心がより深まることを願い、鉄道事業者、関係団体、国などが「鉄道の日」実行委員会を組織し、毎年多彩な行事を全国各地で実施しております。

 

さて、実は5月にも電車に関する記念日があるのはご存知だろうか? その日は5月4日である。

 

なぜ、5月4日が電車に関する記念日「電車の日」であるのかについては、次のリンク先(外部サイト)から確認してほしい。

簡単にいうと……「博覧会の会場内にレールを設置し電車の試運転が行われた」からである。

 

そんな「電車の日」に電車が「怖い」「苦手」と感じる私が「電車怖いあるある」を10個お届けしよう。

 

 

 

電車怖いあるある 10選

  • どこまでの切符を買ってよいか分からない。分かりにくい。(今はICカードで解決したけどね)
  • どこのホームに行けばよいか分からない。分かりにくい。
  • 同じホームでも行き先が同じとは限らない。(特に名古屋駅ね)
  • ホームと電車の隙間が怖い。(降りるときに下を覗くと怖いよ)
  • 無事に降りられるか不安。(停車時間が短いとイヤ)
  • 無事に乗り換えられるか不安。(階段を走らないといけない)
  • 長距離の電車旅はトイレの心配がある。(長旅に限って途中でトイレに行きたくなる)
  • 電車での移動より車での移動のほうが早い。(地方は車社会)
  • 事件・事故があった翌日は電車に乗りたくない。(いろいろと思い出しちゃう)
  • 疲れているときに限って座れない。(すぐ降りないといけないときに限ってガラガラ)

 

以上、「電車怖いあるある」10選でした!

------
Reference:DIAMOND online
Report:R-kun情報保管庫
Photo:R-kun OfficePAKUTASO