情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

【中華イヤホン】今だからこそオススメするイヤホンは「KZ AS16」です!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20220325/20220325182429.jpg

発売日から月日が経った今だからこそオススメする中華イヤホンの名機があるんです。それは「KZ AS16」です。

■目次■

 

発売は2019年

f:id:R-kun:20220325132446j:plain
発売日から月日が経った今だからこそオススメする中華イヤホンがある。それは「KZ AS16」である。

 

「KZ AS16」の発売日は2019年。片方に8個のBAドライバー(合計16個)を搭載したバランスアーマチュアイヤホンである。
f:id:R-kun:20220325133244j:plain
このイヤホンを販売・製造するイヤホンメーカーKZ曰く、16個のBAドライバーを搭載する技術を完成させるのに15ヶ月かかったとのこと。

 

片方8個のBAドライバーはそれぞれに高音域・中音域・低音域が割り当てられている。
f:id:R-kun:20220325133658j:plain
これにより、すべての音域をパワフルな音で表現することができる。

 

そんな「KZ AS16」は今だからこそ薦めるべきだと私は思っている。そこで、Amazonにて「KZ AS16」を入手したためレビューしていく。
f:id:R-kun:20220325133817j:plain
それでは、いってみよぉ~!

 

 

 

KZ AS16

私はAmazonにて「KZ AS16」を購入した。価格は7800円(税込)。でも、クーポンが付いていたため、2780円オフの5020円で購入することができた。

 

パッケージはこんな感じ↓。
f:id:R-kun:20220325135123j:plain
KZのイヤホンでは上位機種にあたるため、やや洒落たパッケージである。

 

では、開封~。
f:id:R-kun:20220325135206j:plain
KZのイヤホンではお馴染みの謎の金属プレートが入っている。私のはズレていたけど……。

 

同梱物はこんな感じ↓。
f:id:R-kun:20220325135303j:plain
なんの検査に通ったのか分からない合格書もちゃんと入っている。

 

本体はこちら↓。「Left」と「Right」と変なフォントで大きく書かれているのは愛嬌。
f:id:R-kun:20220325135345j:plain
シンプルな形状かつデザインだが、若干の高級感も漂っている。私は内側がブラックになっているものを購入した。他に内側がブルーになっているものもある。小さくだが「Professional HIFI 8 balanced armature」と書かれている。

 

変なフォントで「AS16」と書かれている。
f:id:R-kun:20220325135720j:plain
さらに、「HIGHER ORDER ACOUSTICS」と書かれている。日本語に訳すと「高次音響」となる。

 

内側はこんな感じ↓。
f:id:R-kun:20220325140120j:plain
ケルトンになっているから中身がよく見える。8個のBAドライバーがギッチギチにつまっとる。見せられるということは自信があるのだろう。

 

イヤーピースは本体に付いているものも合わせて3種類ある。
f:id:R-kun:20220325140242j:plain
左からLサイズ・Mサイズ・Sサイズだ。耳の形状によっては合わないこともあるため、イヤーピースは別途用意すると良いだろう。

 

ケーブルはOFC無酸素銅ケーブルとなっている。
f:id:R-kun:20220325140413j:plain
正直、このケーブルは高品質なものとは言えない。色が変だし、古いビニールプールみたいな臭いがする。ケーブルは別途用意してアップグレードすると良いだろう。

 

イヤホン本体とケーブルの接続は2ピン(QDC)となっている。
f:id:R-kun:20220325140701j:plain
うっすらと「R」「L」表記されている。

 

 

 

試聴してみる

まずは、箱から出して直後の試聴。
f:id:R-kun:20220325140806j:plain
『Actually...(乃木坂46)』を聴いてみた。すべての音の伸びが良く感じる。例えるなら、丘の上から街を見渡しているような感じ。女性ボーカルだからといって高音がシャンシャン刺さるようには感じない
f:id:R-kun:20220325140951j:plain
内藤哲也入場テーマ STARDUST(新日本プロレス)』も聴いてみた。やはり、音をまんべんなく感じる。低音も変に強調されていない。まるで、健康的な味付けの料理みたい。素材そのものを感じることができる。

 

続いて、約2時間のエージングをした後の試聴。エージングYouTubeから試聴できるピンクノイズを用いた。
f:id:R-kun:20220325143854j:plain
f:id:R-kun:20220325143903j:plain
2時間のエージングでは意味がないかもしれないが、わずかに角が取れたような気がする

 

他にも……
f:id:R-kun:20220325143948j:plain
男性ボーカル楽曲を聴いてみたり、
f:id:R-kun:20220325144012j:plain
リケーブルしてみたりした。

 

いろいろと分かったので結論を述べるね。

 

 

 

まとめ

f:id:R-kun:20220325182453j:plain
発売当初は1万円前後で販売されていた「KZ AS16」。今となっては7800円で購入することができる。クーポンなどを併用すればより安価に購入できる。価格面で落ち着いたため手が届きやすいだろう。

 

音質は比較的にフラットな感じがする。高音がシャリシャリすることもなければ低音がズンズンすることもない。だからといって中音がパキッとしているわけでもない。といっても、やや中音がすべての音がまんべんなく聴こえるといった感じだ。つまり、モニターに向いているということ。

 

独特な味付けがされていないため、「高音シャリシャリが好み!」や「低音ズンズンがいいの!」という人には物足りなく感じるかもしれない。その分、原音に近いものを感じることができる。もちろん、より原音を感じることができるイヤホンは高額なものでたくさんある。しかし、1万円を切るものはそう多くない。と考えれば、「KZ AS16」はオトクだろう。

 

エージングを忘れないように。KZ公式がエージングを推奨しているのか分からないが、エージングはしておいて損することはない。100~200時間のエージングが望ましいだろうが、遠い道のりである。10時間程度でも箱出し直後より変わるため、短時間でもエージングをしてほしい。

 

できるならリケーブルもしてほしい。付属しているケーブルでは勿体ない。銀以上の素材が使われているものをオススメする。

 

そんな感じ。

 

もし、この記事を読んで「KZ AS16」に興味を持ったのなら、次のリンクから詳細を見てね~。

------
Reference:Amazon
Report:R-kun情報保管庫
Photo:R-kun Office
Screen shots:KZ