情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

【フォント】YouTubeテロップで使ってほしいフォント6選+α

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20220307/20220307121452.jpg

YouTubeのテロップで使ってほしいフォント6選+αを紹介します。ぜひ、参考までにご覧ください~。

■目次■

 

テロップが気になっちゃう

f:id:R-kun:20220307121441j:plain

YouTubeなどの動画配信サービスを見ていると、どーしてもテロップのフォントが気になっちゃうの。

 

「読ませるためのフォント」なのか「インパクトを与えるためのフォント」なのか、それとも「イメージで選ばれたフォント」なのか考えちゃう。

 

たまーに、「なんでこのフォント使うの?」や「このフォントのチョイスはセンスが良いな!」と思うこともある。

 

そこで……
私が選ぶ「YouTubeテロップで使ってほしいフォント」を6つ紹介します。もし、フォント選びで困っている方がいれば、参考にしてみてね~。ちなみに、この記事で紹介するフォントは「読ませるフォント」。つまり、インパクトを与えるためのフォントやイメージに合うフォントというワケではないよ。

 

それでは、いってみよぉ~!

 

 

 

使ってほしいフォント6選+α

はじめに

今回はこんな感じ↓で紹介するよ。

f:id:R-kun:20220307112814j:plain

サンプル文章はちょっとしたもの。だから、深~ぃ意味はない。少々、誤字があるかも?

 

 

ゴシック体・丸ゴシック体

・UD角ゴ ラージ

f:id:R-kun:20220307112856j:plain

UD角ゴ ラージは名前のとおりUDフォントだから他のフォントより比較的に読みやすい。また、他のUDフォントよりも違和感を覚えにくいデザインになっているから、より受け入れやすいと思う。

 

・筑紫ゴシック

f:id:R-kun:20220307113130j:plain

筑紫ゴシックは曲線美と個人的に思っている。というのも、ひらがなのカーブや漢字のはらいに余裕があったりと清楚な感じがする。

 

・UD丸ゴ ラージ

f:id:R-kun:20220307113333j:plain

ここで丸ゴシックです。UD丸ゴ ラージは名前のとおりUDフォント。だから、他の丸ゴシックよりも読みやすい。とくに、ひらがなや数字が読みやすいと思う。

 

 

明朝体

・テロップ明朝

f:id:R-kun:20220307113936j:plain

これは名前のとおりテロップのために作られたフォント。横線が一般的な明朝体よりも太く読みやすくデザインされている。一画一画がハッキリしている。

 

・筑紫明朝

f:id:R-kun:20220307114358j:plain

パッと見た感じではテロップ明朝と変わらないように感じる。しかし、テロップ明朝よりも強弱がある。これもまた清楚な感じ。あまり堅いイメージを持たせなくないが、ポップな感じも嫌なときに使うと良いかも。

 

ヒラギノ明朝

f:id:R-kun:20220307114708j:plain

Appleユーザーならお馴染みのヒラギノ明朝。Apple製品にはプリインストールされているため簡単に使うことができる。その上、ひらがなの繋がりが美しい。ただ、漢字はどうかな?

 

 

番外編(+α)

・游ゴシック

f:id:R-kun:20220307114643j:plain

游ゴシックはWindowsにもMacにもプリインストールされている。だから使いやすい。その上、読みやすさ・細部のデザインも申し分ないため有料フォントを準備することができない場合に使うとよいだろう。

 

・游明朝

f:id:R-kun:20220307115040j:plain

游明朝もWindowsMacにプリインストールされている。だから使いやすい。その上、漢字・ひらがな・カタカナ・英数字のバランスも整っている。しかし、一部の文字に「ちょっと形が変じゃね?」というのはある。

 

 

 

まとめ

今回はYouTubeテロップで使ってほしいフォントを6つ+α紹介しました。この記事で紹介したフォントは動画のイメージに左右されず“どんなときでも”使えると思います。

 

もし、テロップを作るときがあれば、参考にしてみてね~。

 

それでは。

------
Report:R-kun情報保管庫
Photo:R-kun Office写真AC

 

 

▼こちらもどうぞ▼