情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

【Excel】スプレッドシートで使ってほしいフォント

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20220208/20220208134652.jpg

Excelなどのスプレッドシートで使ってほしいフォントを紹介します。ぜひ、今日からこのフォントを使いましょう!

■目次■

 

デフォルトの設定

おそらく、皆さんはMicrosoftOffice2016以降を使っていると思います。となると……デフォルトのフォントは游明朝や游ゴシックでしょう。

 

Excelのデフォルトはこんな感じ↓。

f:id:R-kun:20220208134957j:plain

游ゴシックで設定されていると思います。

 

フォントサイズはどうでしょうか? 私は11ptで設定していますが、ひょっとすると9ptや12ptに設定している方もいるでしょう。

 

この記事では、「Excelで使ってほしいフォント」と「最適なフォントサイズ」について述べていきます。ぜひ、最後までご覧ください。

 

それでは、いってみよぉ~!

 

 

 

使ってほしいフォント

游ゴシックじゃ頼りなくない?!

私のExcelはデフォルトのフォントとして游ゴシックが設定されていました。皆さんも同じだと思います。

f:id:R-kun:20220208135307j:plain

でも……游ゴシックってどうですか? なにか頼りなく感じませんか?

 

というのも、游ゴシックは若干細めのフォントになっています。太字にしても他のボールドフォントより細いです。その分、洗練されたといえばそうなのかもしれません。でも、見にくいと思います。

 

なので、今回の目的は「游ゴシック以外で見やすいフォントを設定する」としましょう。

 

 

明朝体なんてダメっ!

では、明朝体はどうでしょう?

 

下の画像は「筑紫明朝 R」を使って表示させたものです。

f:id:R-kun:20220208135557j:plain

今ひとつですね。線が細くて分かりにくいです。Excelには明朝体が向いていないことが分かります。

 

そもそも、Excelは文書作成ソフトではありません。表計算ソフトです。時々、Excelを使って連絡文書などを作ろうとしている方がいます。それはやめてください。PDF化したとき、印刷したときに痛い目にあります。文書作成はWordに任せてください。ただ、カレンダーやリストを作る際はExcelのほうが便利なことがあります。

 

Excelは文書作成目的ではなく、計算目的です。なので、計算させる際に誤読しないようなフォントを設定しましょう!

 

 

ゴシック体なら何でも良いわけではない!

「ゴシック体なら何でも良いでしょ!」というわけにもいきません。当然ながら、ゴシック体の中でも読みやすい・読みにくいが存在します。

 

下の画像は「筑紫ゴシック R」を使って表示させたものです。

f:id:R-kun:20220208135541j:plain

筑紫ゴシックは少し古めかしさがあり、デザイン面では優れているフォントです。書籍のタイトルには向いているかもしれません。でも、Excelには向いていません。なんか小さく感じるんですよ。なので、筑紫ゴシックはNGです。

 

下の画像は「MS Pゴシック」を使って表示させたものです。

f:id:R-kun:20220208140628j:plain

MS PゴシックMS ゴシックも同様)は、歴史が深いフォントです。モニターの質が悪かったウン十年前から使われています。それゆえ、フォントが解像度の低いモニターに合わせてフォントが設計されています。なので、現在のモニターには合いません。印刷して紙媒体で見れば何とかなりますけどね……。なので、MS PゴシックはNGです。

 

下の画像は「ヒラギノ角ゴ W3」を使って表示させたものです。

f:id:R-kun:20220208141102j:plain

ヒラギノ角ゴは比較的に見やすいフォントです。PowerPointのスライドでも、Wordの文書でもYouTubeのサムネイルでも使うことができます。つまり……汎用性が優れているフォントです。iPhoneMacなどApple製品を持つユーザーは使うとよいでしょう。しかし、AndroidWindowsにはプリインストールされていないフォントです。購入しなければなりません。ヒラギノフォントは高いです。Apple製品間でデータを共有するなら問題ありませんが、Apple製品以外とデータを共有するなら問題が生じてしまいます。別のフォントに置き換わってしまいますよ。なので、ヒラギノ角ゴはNGです。

 

下の画像は「Meiryo UI」を使って表示させたものです。

f:id:R-kun:20220208141706j:plain

これは見やすいです。文字一つ一つがしっかりしています。ひらがな・カタカナ・漢字・英数字・記号のいずれも見やすいでしょう。このフォントは、MicrosoftOfficeを搭載した端末ならMacでもWindowsでもAndroidでもiPhoneでも表示されます。似たようなフォント「メイリオ」でも問題ありませんが、メイリオは横に広いフォントなので、メイリオより細くなったMeiryo UIのほうがExcelには向いていると思います。なので、Meiryo UIはOKです。

 

下の画像は「UD角ゴ スモール R」を使って表示させたものです。

f:id:R-kun:20220208142134j:plain

UDフォントなので、これまでのフォントより見やすいです。できれば、積極的に使ったほうがよいフォントでしょう。しかし、UDフォントの多くは有償です。モリサワのBIZ UDフォントシリーズには一部無償のフォントがあるので、こちらを使ってもよいでしょう。

 

 

 

まとめ

f:id:R-kun:20220208142426j:plain

結論です。

 

私が許容範囲としているフォントは「Meiryo UI」や「ヒラギノ角ゴ」「UDフォント」です。これらは比較的に見やすいです。フォントサイズは、10pt~12ptを推奨します。このサイズなら、モニターで見ても紙媒体で見ても違和感がないかつ大きすぎず小さすぎずちょうど良いと思います。

 

ベストワンは「Meiryo UI、11pt」です。これなら、どんな端末でも問題なく表示させることができます。これで、お願いします!

 

 

以上、Excelで使ってほしいフォントでした。いかがでしたか? これなら変なスプレッドシートになってしまうことはありません。ぜひ、今日から意識してみてください。

 

それでは~

------
Report:R-kun情報保管庫
Photo:R-kun Office
Screen shots:MicrosoftOffice Excel 2019