情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

【PowerPoint】記者会見のようなバーチャル背景をパワポで作ってみよう!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20220125/20220125110445.jpg

記者会見で登場する市松模様のようなバーチャル背景をパワポで作ります。作り方は記事内で。

■目次■

 

記者会見で登場する市松模様

皆さん、記者会見で市松模様のパネルを見たことはありませんか?

 

こんなようなヤツです↓

f:id:R-kun:20220125103111j:plain

この市松模様の背景は「バックボード」と呼ばれ、どの角度から見ても企業や団体のロゴが映り込むようにすることができます。記者会見でお馴染みのアイテムですね。

 

さて、コロナ禍でオンラインミーティングが日常となった今日では、オンラインミーティングでバーチャル背景を使う人が多いと思います。部屋の中を見られたくないからバーチャル背景にしたり、その日の気分に合わせてバーチャル背景にすることだってあるでしょう。

 

でも、他人のバーチャル背景を見て「時と場所をわきまえてほしいな……」とか「キラキラしていて気が散るなぁ……」と感じたことはありませんか?私は感じたことがありますよ。

 

そんなときは、市松模様のバックボード風バーチャル背景」にしちゃいましょう! バックボード風バーチャル背景なら記者会見でお馴染みのデザインなので、文句を言われてしまうことが少ないでしょう。さらに、バックボード風バーチャル背景は汎用性が高いので1つ用意しておくと重宝します。

 

それでは、パワーポイントで一緒に作っていきましょう!

 

 

 

バックボード風バーチャル背景を作る

ステップ1:土台を準備する

まずは、パワーポイントを立ち上げてください。

f:id:R-kun:20220125103823j:plain

パワーポイントを立ち上げたら、「ホーム」タブの「レイアウト」から「白紙」を選択してください。

f:id:R-kun:20220125103919j:plain

白紙を設定すると、スライド上に乗っているパーツが無くなり作業しやすくなります。

 

 

四角形を描く

次に、「挿入」タブから「図形」をクリックして「正方形/長方形」を選択してください。

f:id:R-kun:20220125104110j:plain

後で正方形に形を整えますので、

f:id:R-kun:20220125104141j:plain

適当に四角形を描いてください。

 

そしたら、図形の枠線をなしにして、好きな色で塗りつぶしてください。私は紫色にしました。

f:id:R-kun:20220125104301j:plain

このときに「図形の書式」タブから図形のサイズを変えます。お好みのサイズの正方形に設定してください。私は2cm×2cmの正方形にしました。

 

 

文字を入れよう!

次に、正方形の中に文字を入れましょう。

f:id:R-kun:20220125104435j:plain

文字の他にロゴを入れてもOKです。私は「愛」という文字を入れました。

 

文字を入れたら、フォントや文字サイズを整えましょう。

f:id:R-kun:20220125104810j:plain

私はフォントを「DFP麗雅宋」にして、文字サイズを「28pt」にしました。

 

 

正方形をたくさん並べる

基本となる正方形が用意できたら、正方形をたくさん並べましょう。

f:id:R-kun:20220125105119j:plain

ここからは根気よく並べていきましょう。ひたすら「Ctrl+D」で複製していきましょう!

 

 

1つおきにする

さて、正方形を並べることができましたか?

f:id:R-kun:20220125105244j:plain

正方形を並べることができたら、すべての正方形を「Ctrl+A」で選択して、「Ctrl+G」でグループ化しましょう。そして、上下左右中央揃えにしてください。中央揃えにしておくとバランスが良いですからね。

 

次に、正方形を1つおきにしましょう。じゃないと市松模様になりませんよ。

f:id:R-kun:20220125105444j:plain

「Ctrlキー」を押しながら、1つおきに正方形を選択してください。「Deleteキー」を押すとまとめて正方形を削除することができます。

 

1つおきに正方形を削除するとこんな感じ↓。

f:id:R-kun:20220125105611j:plain

これで、もう9割くらいは完成しています。あとは画像形式で保存するだけです。

 

 

画像形式で保存

パワーポイント上での作業が終わったら、画像形式で保存します。

f:id:R-kun:20220125105715j:plain

「名前を付けて保存」から適当に名前を付けて画像形式で保存しましょう。画像形式はPNGJPEGしましょう。私は「バーチャル背景.jpg」でJPEG形式で保存します。保存先は「デスクトップ」などの分かりやすい場所にしましょう。

f:id:R-kun:20220125105840j:plain

エクスポートするのは「このスライドのみ」にしてください。じゃないと全てのスライドがZIPファイルに入れられて画像形式で保存されてしまいますよ。

 

 

 

完成

画像形式での保存が完了したら……試しに出来上がったものを開いて確認しましょう。

f:id:R-kun:20220125110041j:plain

問題なければ完成です!

 

あとは、使用するミーティングツール(ZoomやGoogleMeetなど)からバーチャル背景に設定しましょう。

 

《注意》
WindowsMacではショートカットキーが異なりますのでご注意ください。今回はWindows版のパワーポイントを使用しています。

 

 

 

是非、お試しを!

いかがでしたか?

 

意外と簡単に作ることができましたね。私の場合は作業時間30分程度でした。わりと短時間で作ることができるので、オンラインミーティングを頻繁にする人は1つ作っておくと良いでしょう。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。是非、今後のオンラインミーティングに活かしてください。

 

それでは(^^)/~~~

------
Report:R-kun情報保管庫
Photo:R-kun OfficeイラストAC
Screen shots:Microsoft PowerPoint 2019(Windows版)