情報保管庫

情報で生活を豊かにする

「一太郎2022」シリーズは買うべきなのか否か? 私の意見を述べます!

f:id:R-kun:20211208173044j:plain

2022年2月に発売される「一太郎2022」シリーズ。新たに追加された機能が多い「一太郎2022」シリーズだが、買うべきなのか否か? 私の意見を述べます。

■目次■

 

一太郎2022の発売

Microsoft Officeが市場シェアの大半を占める中、純国産ワープロソフトとしてJustSystems一太郎が存在する。
かつては、官庁や一部の民間企業においてしばしば使われていたそうだが、今となってはコアなファンが「一太郎」を愛用している。
そのコアなファンの一人が私である

 

私が自分のお金で「一太郎」を買ったのは「一太郎2021プラチナ」である。
親が使っているのを小さい頃から横目で見ていたため、「一太郎を使ってみたい!」という気持ちがあったからだ。
この旨、記事にもした。

今日では、毛嫌いされるような「一太郎」だが、私はそのように感じなかった.
日本語文章を「伝わるように」書くなら「一太郎という感じがした。
一太郎」のほうがWordよりも、はるかに自由度が高い。
自由度が高い分、使いこなすことができずに脱落していくんだろうね……。

 

さて、JustSystemsは、2022年2月に「一太郎2022」シリーズを発売する。
一太郎2022」シリーズは、「一太郎2021」シリーズと同様に、通常版とプラチナ版がある。

 

一太郎2022」シリーズの機能紹介は外部サイトの記事を参考してもらいたいため、

↑こちらや……

↑こちらをご覧ください。

 

 

 

買うべき? 買わないべき?

f:id:R-kun:20211208173126j:plain

ここからは、「一太郎2022」シリーズを買うべきなのか否かについて述べていく。
私は、「一太郎2022」シリーズ現物を触ったわけではないので、「必ず○○だ!」とは言えない。公式サイトなどの発表されている資料を見て「買う or 買わない」を判断する。参考としてどうぞ。

 

 

結論……「買わない!」

 

 

いきなり結論。
買いません!

 

 

買うべきではないと判断した理由として第一に、「大きな変化を感じられない」というのが挙げられる。
一太郎2022」にはスライド機能が追加されたり、電子印鑑に対応したJUST PDFが搭載されたり機能のアップデートは感じられる。
でも、心の奥で「その機能いる? 無くても今まで問題なかったよね?」と言う自分がいた。
たしかに、機能のアップデートで追加されたものは便利なものばかりだ。
だが、今の私には必要のないものばかりだった。

 

続いて、「搭載フォントがショボイ」ことが挙げられる。
一太郎2022プラチナ」には、フォントワークスのフォントが搭載される。
そのフォントの中に「凸版」フォントがあるのだが、「凸版」フォントはMacに搭載されている
WindowsMacの両方を使う私には、「凸版」フォントは要らないの。

正直、「ラグランパンチ」が搭載されるのは魅力的に感じた。
でも、「ラグランパンチ」のためだけに、「一太郎2022プラチナ」を買うのはどうかね?

そんな感じです。

 

 

今、使っている「一太郎2021プラチナ」でも不便を感じていないため、「一太郎2022」シリーズを買わない(買うべきではない)という判断に至った私である。

 

 

 

今、不便がないのなら必要なし

f:id:R-kun:20211208173207j:plain

今使っている「一太郎」に不便を感じていないのなら、「一太郎2022」に新しくする必要はないと思う。

 

たしかに、「一太郎2022プラチナ」には搭載されているものが多く、魅力的に感じる。
でも、今の自分に搭載される全ての機能が必要か?と聞かれると首を縦に振ることはできない。

 

だって、「一太郎2021プラチナ」で十分だもの。

 

現時点で、「一太郎」を持っていなくて、新たに「一太郎」が欲しいと感じている人なら購入しても良いんじゃな~い?
あと……学生は学生と証明できるものの提示で「アカデミック版」の「一太郎」を購入することができる。
大学4年間で、パチスロや競馬に使うお金があるのなら、「一太郎」を購入して使ってみることを私はオススメするよぉ~。

 

それでは。

------
Reference:JustSystems窓の社
Report:R-kun情報保管庫
Photo:R-kun Office
Screen shots:JustSystems

 

 

▼こちらもどうぞ