情報保管庫

情報で生活を豊かにする

2022年2月に発売される「一太郎2022」。 これまでと大きく変わった点は何か?

f:id:R-kun:20211206214054j:plain

2022年2月に発売される「一太郎2022」について、これまでと変わった点のみを述べます!

■目次■

 

一太郎2022の発売

f:id:R-kun:20211206214106j:plain

Just Systemsは純国産ワープロソフト「一太郎」の新バージョンを例年リリースしてきた。
2022年2月10日には、一太郎2022[ATOK40周年記念版](以下、一太郎2022)」が発売される。

 

一太郎2022」は「つたわる文書を、オンラインも、リアルも。日本語ワープロソフトの決定版」をテーマとしている。

 

新型コロナウイルスの影響により、働き方が大きく変化した。
政府からはテレワークが推奨され、学校はオンライン授業が導入された。

 

「オンラインも、リアルも。」一太郎は、利用形態が多様化した今日に対応するため、「ハイブリッド仕様」の「一太郎2022」を提供する。
自宅やオフィス、出先などテレワーク利用を想定した機能強化が図られている。

 

Windows8.1、Windows10、Windows11に対応する。

↑このページ(公式サイト)は、一太郎のリリース毎にアップデートされます。

 

↓参考記事

 

 

 

一太郎2022の新機能

f:id:R-kun:20211206214149j:plain

一太郎2022」はテレワーク利用を想定されているため、テレワークやオンラインミーティングに便利な機能がいくつか搭載されている。

 

まず「きまるスタイル:スライド」だ。
複数のテンプレートからレイアウトを選ぶ「きまるスタイル」に「スライドPowerPointのようなもの)」が搭載された。
オンラインミーティングにおける資料共有(画面共有)を考慮した16:9比率の用紙レイアウトに切り替えることができる。
スライド専用の背景は30点用意されている。

 

続いて「プロテクトモード」だ。
出先で文書作成していると、ディスプレイが不特定多数の目に晒されることが気になる。
予め、パソコン画面にプライバシー保護フィルターを貼っている人もいるだろう。
このプライバシー保護機能が「一太郎2022」に搭載された。
直近の履歴や文書情報が隠されたり、推測変換の自動表示が抑制されたりする。
また、文書全体が丸見えになるのを防ぐために、カーソル行以外は半透明で表示される。

 

その他にも「一太郎2022」に搭載された新機能があるが、ここでは割愛。
詳細は、以下のリンク先ページ(マイナビニュース)をどうぞ。

 

 

 

ATOKサブスクリプション

f:id:R-kun:20211206214209j:plain

一太郎2022」には「ATOK for 一太郎」が搭載されない。
代わりに、ATOK Passport プレミアム(1年版)」が搭載されることとなった。

 

これまでの一太郎シリーズは、パッケージを購入すれば付属するATOKをユーザーがバージョンアップを望まない限り、永続的に利用することができた。
しかし「一太郎2022」では、サブスクリプションATOKが導入された。
Just Systemsによると、ATOK Passport プレミアムの契約期間が終了すると、「一太郎2022」上でもATOKが使用できなくなるとのこと。
ただ、サブスクリプション契約を更新すれば使用することが可能である。

 

個人的には買い切り版からサブスクリプション版に移行されてしまったことは残念だが、ATOKの機能はこれまで以上に進化している。
文書校正、Web会議などいずれの場面においても、ユーザーが望むように機能してくれる。
私個人の意見としては、サブスクリプション版の契約をする価値があると感じる。

 

 

 

買うべきなのか?

f:id:R-kun:20211206214234j:plain

その他にも進化した点は山ほどある。
この記事に書ききれないくらいだ。

 

もちろん、「一太郎2022」では搭載されるフォントも変わった。
一太郎2022 プレミアム」に付属するJUST PDFや花子も進化した。

 

一太郎2022」に搭載されるフォントについては、改めて別記事にて紹介する。
さらに、「一太郎2022」を買うべきなのか否かについても、改めて別記事にて紹介する。

 

今回はここまで。

------
Reference:JustSystemsマイナビニュース
Report:R-kun情報保管庫
Photo:R-kun Office
Screen shots:JustSystems