情報保管庫

情報で生活を豊かにする

トラックボールの「親指タイプ」と「人差し指タイプ」を使ってみて感じたこと。  #トラックボール

f:id:R-kun:20211106183044p:plain
トラックボールには、「親指タイプに向いている人」と「人差し指に向いている人」がある。今回は、それを検証していく。また、それぞれのメリットとデメリットにも触れていこう!

■目次■

 

トラックボールとは?

そもそも、「トラックボールなんて知らない!」という人がいるかもしれない。
簡単にトラックボールを紹介すると、こんな↓ヤツ。
f:id:R-kun:20211106181604p:plain
この画像は、エレコムの公式サイトから引用したものである。
パソコン操作において用いるマウスの一種だが、マウスではない。
なぜなら、ボールが付いているからね。

 

かつてのマウスもボールが付いていた。
ボール面を机に密着させて、動かすとボールがコロコロ動いてカーソルが動くってヤツね。

 

トラックボールは、表にボールが付いているため、指でボールをコロコロさせてカーソルを動かすものである。
手首が疲れにくいという理由から、昨今は人気となっているが、実は深い歴史を抱えたものだったりする。

 

 

 

あなたに合うトラックボールは?

トラックボールをオススメできる人

トラックボールという特殊なものは、使う人を選ぶのが現実の話。
当然、パソコン作業の内容によっては、トラックボールが合う合わないがある。
どんな環境であろうと、問題なく使ってしまう人も稀にいるが、私はパソコン作業の内容によって適切なトラックボールを選んだほうが良いと思う。
無理してギャンブルのようにトラックボールを選ぶ必要はないんじゃないのかな……?

 

トラックボールをオススメできる人は「今のマウス作業に疲れやすい人」である。
一般的なマウスを用いた作業をしている上で不満を感じる人は、トラックボールに乗り換えることもアリなのではと思う。

 

逆に、トラックボールをオススメできない人は「細かい作業をする人」である。
例えば、0.1mmも狂ってはならない作業、CADで図面作成などが挙げられるかな。
あと、「作業にスピードを求める人」もオススメできない
もちろん、慣れれば、細かい作業も問題なくこなせるし、ゲームでなければスピードを求めることだってできる。
しかし、慣れるためには、長い時間トラックボールと向き合わないといけない。
そんな余裕があるのか?という話。細かい作業をする人やスピードを求めている人には、そんな余裕がないだろう。

 

 

親指タイプが向いている人

f:id:R-kun:20211106182338p:plain
トラックボールには、「親指タイプ」「人差し指・中指タイプ」といったように動かす指によって形状やサイズが異なる。

 

まず、「親指タイプ」のトラックボールが向いている人は「小型が良い人」「ボールを交換したい人」「手汗をかく人」である。

 

私の経験上、「親指タイプ」のトラックボールは、大型なものから小型なものまでラインナップが多い。自分の求めるサイズを選びやすいことが「親指タイプ」の特徴ね。

 

また、「親指タイプ」のトラックボールの大半が直径34mmのボールを採用している。
直径34mmのボールって様々なメーカーから交換用ボールが発売されているの。
「ボールの交換を楽しみたい!」という人は、「親指タイプ」がオススメかな。

 

最後に、「手汗をよくかく人」は親指タイプのほうが向いていると思う
私自身、手汗っ子(手汗を多くかく人のこと)なのだが、ボールの直径が大きくなりがちな「人差し指タイプ」のトラックボールだと、ボールの引っかかりをよく感じる。
「親指タイプ」のトラックボールのほうが、手汗に浸されてもボールが思うように回転してくれる。

 

 

人差し指タイプが向いている人

f:id:R-kun:20211106182400p:plain
「人差し指タイプ」のトラックボールが向いている人は「超正確に操作したい人」や「デスク上以外では使わない人」や「ボール交換は一切しない人」である。

 

「人差し指タイプ」のトラックボールは、小型なものもあるが比較的大きいものが多い。
それゆえ、持ち運びには不向きかもしれない。
なので、基本的にデスク上で操作することを前提としてほしい。

 

「超細かい作業を超正確にしたい人」は、「人差し指タイプ」のトラックボールが向いていると思う。
そもそも、そのような人は一般的なマウスを用いたほうが良いと思うが、体のことを考えるとトラックボールが使いたくなるときがある。
なので、「超細かい作業を超正確にしたい人」は、「人差し指タイプ」のトラックボールにしたほうが良い。
「人差し指」のトラックボールの多くが、人差し指と中指の両方で操作できるものが多いからね。

 

ボール交換を楽しまない人は、「人差し指」のトラックボールでも良いかも。
「人差し指」のトラックボールの多くが、自社設計のボールサイズを採用しているため、交換用ボールの汎用性が高くない。

 

 

 

トラックボールを選ぶ注意点

「親指タイプ」「人差し指タイプ」のトラックボールに共通して言えることが、「よく調べて購入して!」である。
f:id:R-kun:20211106182432p:plain
今日では、1000円以下でマウスを購入できる時代だが、トラックボールはマウスほど安価ではない
数千円程度から数万円程度と幅が広い。
それゆえ、何も考えずに最安値なトラックボールや最高値なトラックボールを購入してしまいがちだが、よく考えてほしい。

 

「あなたに合うトラックボールはそれですか?」

 

もちろん、一度も使ったことがないようなもので最適か否かを判断するのは難しい。
だから、家電量販店に行き、試し操作して感覚を知ってほしい

 

あと、YouTubeの動画やWebサイト・ブログの記事などをたくさん見て読んでほしい
トラックボールに関する情報を一つでも多く吸収してほしい。

 

「一番安いヤツでいいや」や「一番高いヤツなら間違いない」や「●●さんと同じヤツでいいや」と安易な気持ちでトラックボールを購入してほしくない。

 

直接手が触れるもので、何年も使い続ける可能性があるものだからこそ、慎重に選んでほしい。

 

 

 

R-kunが薦めるトラックボール

さて、「親指タイプ」と「人差し指タイプ」で私がオススメするトラックボールを紹介!

 

「親指タイプ」のオススメ

「親指タイプ」のトラックボールのオススメは、エレコムM-XPT1MRBK」である。
メーカー希望小売価格は税込19,558円と、やや高額だが、エレコムの「親指タイプ」トラックボールでは、最も使いやすいものである。

 

こちらのトラックボールは、記事にして紹介しているので下のリンクを参考してね。

Amazonなら、メーカー希望小売価格よりも安価に購入できるよ!

 

 

「人差し指タイプ」のオススメ

「人差し指タイプ」のトラックボールのオススメは、エレコムM-DPT1MRBK」だね。
エレコムの「人差し指タイプ」トラックボールの完成形だと思っている。
ボタン配置が優れていて、小柄な私の手でも全てのボタンに指が届く。
メーカー希望小売価格は税込19,558円とやや高額である。

 

こちらのトラックボールも記事で紹介しているので、下のリンクからどうぞ。

Amazonなら、メーカー希望小売価格よりも安価に購入できるよ。

 

 

なぜ、エレコムばかりなのか?

皆さん、「なんで、エレコムばかりなの? エレコムの回し者?」と思ってでしょ。
案件でもなければ、エレコムの回し者でもないよ。

 

なぜ、エレコムトラックボールばかり紹介しているのか?
それは、単純にエレコムトラックボールが好きだから
ロジクール製やケンジントン製のトラックボールも実は使ったことがある。記事にしていないけど、実は使ったことがあるよ。

 

でもね、トラックボール自体のデザインや、ボタン数、機能、メーカーのサポート、他の製品との相性などを考慮すると、私はエレコム製に落ち着いたのね。
だって、LANケーブルもUSBハブも扇風機もエレコム製。家中を探せばエレコム製のものばかり。
エレコムに囲まれて生活しているから、エレコムの良い点も悪い点も分かる。
エレコム、コレ良いぞ!」とも言えるし、「エレコム、ココだめだぞ!」とも言える。
だから、エレコムに感謝と期待を込めてエレコム製を選んじゃうの

 

 

 

最後に

f:id:R-kun:20211106182455p:plain
自分に合うトラックボールに出会うためには、「トラックボールを学ぶこと」と「試すこと」である。

「百聞は一見にしかず」と言い、いきなり実機を触ってみようとする人もいるが、私は薦めない。
ある程度のトラックボールに関する知識がないと、実機を触っても面白さ・良さ・悪さを感じないと思う。

トラックボールを学び試す」。これが大事なんじゃないかな?

------
Report:R-kun情報保管庫
Photo:R-kun Office

 

 

▼こちらもどうぞ!