情報保管庫

情報で生活を豊かにする

鉛筆の書き心地。「大人の鉛筆」を使ってみた!  #大人の鉛筆 は最上級。

f:id:R-kun:20211010125512p:plain
「鉛筆のようなシャープペンシル」「シャープペンシルのような鉛筆」。それは、「大人の鉛筆」。「大人の鉛筆」を使ってみた感想を述べます! これは、最上級の書き心地です。

■目次■

 

創業60周年で誕生した「鉛筆」

f:id:R-kun:20211010125630j:plain
北星鉛筆株式会社の創業60周年で誕生した鉛筆が「大人の鉛筆」である。

 

大人の鉛筆 は、直径2mmの芯を採用。
さらに、軸は木製。
これによって、鉛筆と同等の書き心地を味わうことができる。

 

また、大人の鉛筆 の構造は、一般的なシャープペンシルと同等である。
そのため、軸の後ろをノックすれば、芯が出てくるということ。

 

まさに、大人の鉛筆 は「鉛筆のようなシャープペンシル」であり、「シャープペンシルのような鉛筆」である。

 

この記事では、大人の鉛筆 について「使用感」や「質感」など様々な面から述べていく。

 

 

 

「大人の鉛筆」を使ってみた!

パッケージ

パッケージデザインはこんな感じ↓。
f:id:R-kun:20211010122227p:plain
「大人の鉛筆」という商品名と本体が、注目を浴びるようになっている。
この落ち着いた感じのパッケージ、いかにも文房具らしい雰囲気、手に取ってみたくなる。

 

開封

いよいよ開封

説明書がこちら↓。
f:id:R-kun:20211010123033p:plain
本体が包まれていたパッケージが説明書である。
丁寧に 大人の鉛筆 について書かれているため、思わず読み込んでしまう。

 

「大人の鉛筆」本体

説明書を読み終えて、次に手を取ってみたのは 大人の鉛筆 の本体。
f:id:R-kun:20211010123309p:plain
質感、とっても良い。
軸が木製のため、ほんのりと木の香りがする。木の香りは心が落ち着くね。
触り心地も良い。金属部品が使われているため、重みはあるが、鉛筆を持っているような感じである。
シャープペンシルの重さの鉛筆を持っています!」という感じがする。
大人の鉛筆 を持った時点で「これは良いな!」と感じた。

 

ペン先はこんな感じ↓。
f:id:R-kun:20211010123738p:plain
これはノックして芯を出した状態である。
直径2mmの芯シャープペンシルにしては太い芯。
これは、高級な鉛筆に用いられる芯であるとのこと。
優れた鉛筆の芯を搭載している。

 

付属品

私が購入した 大人の鉛筆セット には、「芯削り」が付属している。
f:id:R-kun:20211010124039p:plain
この芯削りによって、芯の先を整えることができる。
f:id:R-kun:20211010124122p:plain
「Kita-Boshi Pencil」という文字が、印刷ではなくシールなのが残念だが、オリジナルな芯削りとなっている。

 

文字を書いてみた!!!

さて、文字を書いてみる。
試し書きとして「東京」と書いてみた↓。
f:id:R-kun:20211010124309p:plain
おッ! これはイイぞ!
「鉛筆で書いているぞぉ~!」という感じが強い。

 

良い点としては、シャープペンシル感覚で鉛筆を使うことができる」である。
やはり、鉛筆だとキャップして、ペンケースに入れて持ち運ばなければならない。
外出先では、鉛筆のキャップを無くすことがある。
でも、大人の鉛筆 なら、キャップをする必要が無いから、持ち運びが容易になるね。

 

残念な点としては、ちょっぴり価格が高いこと。
Amazon価格では700円前後で購入することができる。でも、文房具店や書店で買うと800円くらいすることもある。
平気で1万円を超える文房がある今日では、700円前後は安価なほうであるが、「高い!」と感じてしまう人もいるのではないだろうか。
でも、私は1000円未満で購入できる点に安いと感じてしまったけど……。

 

 

 

「大人の鉛筆」はラインアップ豊富!

f:id:R-kun:20211010125320p:plain
大人の鉛筆 は、この記事で紹介したものの他にラインアップが用意されている。
もちろん、替え芯もあるよ。
この記事を読んで興味を持った方は、是非一度、北星鉛筆株式会社の公式サイトを除いてみてね~。

------
Reference:北星鉛筆株式会社
Report:R-kun情報保管庫
Photo:R-kun Office
Screen shots:北星鉛筆株式会社