情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

おうちをスマート化! 「SwitchBot」を導入しましたぁ~!   #SwitchBot

f:id:R-kun:20210912134513p:plain
Amazon Echoの導入と同時に、「SwitchBot」を導入しました。これで、おうちがスマート化されます!!!

■目次■

 

Amazon Echoの導入

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/R-kun/20210907/20210907111058.png
先日、私の部屋に Amazon Echo が導入されました。
これについては、先回の記事で説明しました。
次のリンクからご覧ください~。

さて……
Amazon Echoを導入したら、さらに導入したいものがあります。

 

それは……
「SwitchBot」です。
「SwitchBot」を購入し、使ってみたので簡単に紹介しますー

 

 

 

「SwitchBot」とは?

f:id:R-kun:20210912130350j:plain
「SwitchBot」は、SwitchBot株式会社のブランド名です。
家のあらゆるシーンをシンプルなデバイススマート化してくれます
取り付けはとっても簡単!
スマートホーム製品で私たちの生活を快適にしてくれます
詳細は、次のリンク(SwitchBot公式サイトAboutページよりご確認ください。

 

 

 

私の「SwitchBot」

今回、私が購入した「SwitchBot」はこちら↓。
f:id:R-kun:20210912130507p:plain
「SwitchBot Hub Mini」というものです。
Amazonにて3580円で購入しました*1

 

私が購入したものは「SwitchBot Hub Mini」ですが、「SwitchBot Hub Mini」の上位モデルとして「SwitchBot Hub Plus」というものがあります。

 

「SwitchBot Hub Mini」と「SwitchBot Hub Plus」の違いは「温度&湿度による操作が可能か否か」と「USB端子給電 or ACアダプター給電」の2点のみです。
この2点の違いだけで、価格が2000円程度異なります。
「温度&湿度による調整は必要なのか?」や「給電方法はUSB端子で大丈夫か?」と確認した上で購入するようにしましょう!!
私は、温度&湿度による操作が不要と判断したので「SwitchBot Hub Mini」にしました。

 

家の家電などをスマート化するには、「SwitchBot Hub」のようなものが必要となります。
できる限り、用意しましょう!
また、SwitchBot製品を制御する際には、「SwitchBot Hub」シリーズが必要となります。

 

 

 

「SwitchBot Hub」シリーズの使い方はこちら

f:id:R-kun:20210912131029p:plain
「SwitchBot Hub Mini」と「SwitchBot Hub Plus」の違いは、大差ありませんので、使い方もほとんど同じです。
YouTubeで「SwitchBot」と検索すれば、詳細に使い方が紹介されている動画にアクセスできます。是非、動画を参考にしてください。

 

私は、『いまさらチャンネル』の動画2本を参考にしました。
その2本の動画はこちら↓です。

↑この2本の動画では、「SwitchBot」について、詳細かつ分かりやすく紹介されています
「SwitchBot」を導入する前には、この2本の動画を視聴することをオススメします!
私も、この2本の動画によって、「SwitchBot」に対する理解度が高まりました~。

 

あと……
『いまさらチャンネル』では、「クラウドを理解するためのIT基礎知識」「便利アプリやガジェットの紹介」「女性営業マンの毎日」をテーマに、「いまさら聞けない〇〇」「いまさらだけど〇〇やってみた」などのお役立ち情報がたくさん発信されています。
魅力的な動画がタップリですので、お手すきの際にはご覧ください~!

 

▼『いまさらチャンネル』はこちら

 

 

 

「SwitchBot」の感想

f:id:R-kun:20210912131217p:plain
この記事では、「SwitchBot」の使い方の説明は、先ほど参考動画を2本掲載しましたので、割愛させていただきます……。

 

さて、「SwitchBot」を使ってみての感想を述べて終わりにしたいと思います。

 

 

悪い点

まずは、悪い点。
いきなり悪い点を述べますが、この悪い点が、どーしても気になるので先に述べます。

悪い点1つ目。
それは「エアコンの起動・操作が上手くできない」ことです。
「アレクサぁ~、エアコン点けてぇ~」と唱えても、「送風モード」でしかエアコンが稼働しません
私はPanasonicのエアコン「エオリア」シリーズを使っているのですが、まともにエアコンを点けることができません。
もちろん「アレクサぁ~、エアコン点けてぇ~」だと、ナノイーも解除されてしまいます
もし、Panasonicのエアコンを使用されている方がいましたら、ご注意を!!!
あと、対処方法をご存知の方は教えてください!

 

悪い点2つ目。
それは、「ケーブルの長さが短い」ことです。
USB端子給電もACアダプター給電も、ケーブルの長さが1.5mほどしかありません。
Amazon Echoもそうなのですが、スマート家電やAIアシスト端末はケーブルの長さが1.5mになりがちです。
これは覚えておいてください。

悪い点は、以上2点です。

 

 

良い点

続いて、良い点です。
良い点は、かなり多いので箇条書きにしました。

 

【良い点】

  • 家の中を歩かず、音声もしくはスマートフォンのみで家電がコントロールできる。
  • シーンに合わせて家電がコントロールできる。
    「アレクサぁ~、おはよう!」と唱えるだけで、何かもオンにすることができるヨ!
  • 外出先からもエアコンの稼働を停止することができる。
  • 手が離せない状況、リモコン操作ができない状況では大活躍!
  • 家電のオンオフが楽しくなる。
  • 家電操作が省かれた分、他に時間を割くことができる。

良い点はこんな感じです。
子どもがいる家庭や、高齢者だけの家庭にこそ、スマート化をオススメします。
今あるテクノロジー、便利なものを、たくさん活用して素敵な暮らしにしましょう!!!!

 

それではー

------
Reference:いまさらチャンネルSwitchBot
Report:R-kun情報保管庫)、SwitchBot

 

 

*1:価格には前後があります。

aboutお知らせ利用規約お問い合せ