情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

フォントのイメージを理解しよう! シーンに応じてフォントを使い分ける!!!

f:id:R-kun:20210708160234p:plain
この記事では、「フォントのイメージ」について説明します。ロゴやテロップなどでフォントを使用する際の参考にどうぞ!

■目次■

 

フォントのイメージを理解すること

皆さんはフォントを使ったことがありますか?
こんな質問は愚問かもしれませんね。

少なくとも、現代社会を生きる我々は日常的にフォントに触れています。
この記事だって、スマートフォンやパソコンで読んでいるでしょ。文字を表示するためにはフォントを使っていますよ。

 

フォントにはそれぞれイメージがあります。
そのイメージを理解して、場合によって使い分けることが大切です。
もし、イメージを理解して使わないと、場違いなフォントを使ってしまいデザインが損なわれることがあります。

 

この記事では、ロゴやテロップを作る方向け、もっと言うと初心者向けにフォントのイメージについて教えます。
是非、参考にしてください。 

 

 

 

フォントのイメージ

ゴシック体

f:id:R-kun:20210708102037j:plain
ゴシック体には縦横の線の太さが均一です。
欧文書体では「サンセリフ」と呼ばれます。

カジュアルさ力強さをイメージさせます。
ポスターや見出しなどに使うと効果的でしょう。

太さは様々あり、細いモノから極太なものまであります。

 

明朝体

f:id:R-kun:20210708102257j:plain
明朝体は縦の線が太く、横の線が細いです。
欧文書体では「セリフ」と呼ばれます。

高級感繊細さ落ち着きをイメージさせます。
小説や論文・レポートなど長い文章に用いると効果的でしょう。

太さは様々あり、細いものから極太なものまであります。

 

筆書体(和文のみ)

f:id:R-kun:20210708102536j:plain
和文には筆書体があります。
楷書体や行書体です。
草書体もあります。

和風なイメージを持ちます
筆で書いたようなフォントなので、年賀状などで用いると効果的でしょう。

太さには様々あり、太いものから細いものまでありますが、ゴシック体や明朝体と比較すると、太さの種類は少ないです。

 

デザイン書体

f:id:R-kun:20210708102810j:plain
その他のフォントとしてデザイン書体というものがあります。
私は「デザイン書体」と呼びますが、企業や個人によっては呼び方がことなります。

デザイン書体はデザインが個性的です。
ポップなものもあれば、ラグジュアリーなものまであります。

太さの種類は少ないです。ほぼ無いといっても良いでしょう。

 

 

 

場合によって使い分ける

上で示したように、フォントには様々なイメージがあります。
ゴシック体は力強さが特徴的ですが、明朝体は落ち着きがあります。
フォントを使用する際は、「このフォントを使用して適切か?」を常に確認する必要があります。

 

下の画像の文字を見比べてください。
f:id:R-kun:20210708104107j:plain
同じ、「玉露入り  お茶」という文字ですが、フォントによってイメージが異なると思います。
一番上は、高級な茶葉が使われていそうです。
一方で、一番下は、ジャンクフード的な感じがしますね。

 

このように、フォントが持つイメージによって、商品やロゴなどのイメージが変わってしまいます。
ですので、慎重に選んで使うことが我々には求められています。
また、デザイン書体は個性的ですので、使用はより慎重にお願いします。

 

 

 

最後に……

いかがでしたか?
フォントのイメージについて理解することができたでしょうか?

フォントを選ぶのは難しいことです。
もし、どーにも困りましたら「明朝体」を選んでください。
明朝体には太さが多く用意されていますし、冠婚葬祭で用いることができるものだと思います。
最終手段は明朝体です。

 

それではー 

 

------
Reference:RERECA
Report:R-kun情報保管庫
Photo:R-kun OfficePAKUTASO

 

 

aboutお知らせ利用規約お問い合せ