情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

ウッドショック(木材不足)の理由と乗り切るには?!

f:id:R-kun:20210702111455p:plain
2021年の上半期は、アフターコロナにより、「木材不足」に悩まされている。この記事では、「木材不足(ウッドショック)」の理由と、乗り切るにはどうしたらよいのかを述べる。

■目次■

 

ウッドショックとは?

先日、Yahoo!ニュースで次の記事を見た。

f:id:R-kun:20210702104115j:plain
これは、2021年6月30日に掲載された記事である。
この記事では、「木材不足で家の建設ストップ!」をタイトルとして、木材不足について述べられている。
ネット、メディアでは、「木材不足」や「ウッドショック」と言われるが、この記事の本文では、「木材不足」をメインで用いる*1

 

Yahoo!の記事はコチラ

▲意図せず削除されることもあります

 

 

 

ウッドショックの理由

f:id:R-kun:20210702110758p:plain
では、なぜ木材不足となってしまったのだろうか。
ここからは、実際に工務店に勤める建築士である 本田さん(仮名)に伺った内容を基にして、必要に応じて一部改変しお届けする。

 

理由1:船便のストップ

日本は、木材を海外から多く輸入している。
新型コロナウイルスの影響により、海外からの船便がほとんどストップしてしまったとのこと。
船便のストップにより、日本に届くはずだった木材が届かない状態なのである。

 

理由2:アメリカの木材需要が上がった

ワクチン接種が日本より進んでいるアメリカでは、アフターコロナを見据えて、住宅の需要が高まっているとのこと。
これにより、日本に木材が流入しにくくなっているようだ。

 

 

 

 

以上が、木材不足の理由である。

 

 

 

実は「鉄」も不足している

f:id:R-kun:20210702111112p:plain
実は、木材の他に「鉄」も不足している。
建築士の本田さんによると、「鉄も現在不足している。鉄も木材も無ければ、何も建てることができない」とのこと。

 

鉄不足の理由

日本は、鉄も海外からの輸入に頼っている。
特に、中国からの輸入が多い。
これもまた、中国からの船便がストップしてしまい、日本に届くはずだった鉄が届かない状況となっているとのこと。

 

何も建てることができない

木材も鉄も無ければ、何も建てることができない。
木材が無いのなら、木造は難しい。
鉄が無いのなら、鉄筋コンクリート造は難しい。

 

「鉄が無くてもコンクリートでイケるだろ!」と言われるかもしれないが、これは無理である。
なぜなら、鉄とコンクリートの性質上、単体では建築できないからである。

鉄は、引っ張る力には強い。なぜなら、鉄は延びるからである。
しかし、プレスには弱い。

コンクリートは、引っ張る力には弱い。なぜなら、ボロボロと剥がれるからである。
しかし、プレスには強い(多少、ヒビが入るかもしれないけど……)

 

鉄とコンクリートの性質を活かすことで、素敵な家や建物が建築されるのですねぇ~。
こういうところが、建築の面白いところです。

 

 

 

乗り切るには?

今の木材や鉄の不足の状況を乗り切るには、どうすればよいのか……。
それは、時間が過ぎるのを待つしか無いのとのこと。

コロナが落ち着けば、自然と船便が復旧する。
船便が復旧すれば、日本に木材や鉄が届くようになるので、何とかなるでしょう!という考えとのこと。

 

 

 

まとめ

  • 船便のストップにより、木材と鉄が不足している。
  • 木材と鉄が無ければ、何も建築することができない。
  • この状況は、船便が再開されれば解決される。

 

 

以上です。
ご参考までにどうぞ。 

 

------
Reference:Yahoo!ニュース
Report:R-kun情報保管庫
Photo:R-kun OfficePAKUTASO

 

 

*1:タイトル、見出しを除く。

aboutお知らせ利用規約お問い合せ