情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

リアルフォースを買いました!!!!~私がリアルフォースを買うのに躊躇した話

f:id:R-kun:20210321104810p:plain

©龍爆連合

私事ですがリアルフォースを買いました。生まれて初めてのリアルフォース。リアルフォースをポチるまでに迷いや憧れがありました。私がリアルフォースをポチるに至った理由をお届けします。

■目次■

 

ポチりました……

約1年半間悩んだ末、東プレ リアルフォースをポチりました。
f:id:R-kun:20210321104053p:plain
私がリアルフォースを魅力的に感じたのは、2019年の10月です。
それ以前は、「リアルフォース」というキーボードは知っていたものの、そこまで魅力的に感じていませんでした。

 

リアルフォースを知る

「リアルフォースとは具体的に何なのか?」ということを知ったのは、吉田製作所の動画です。


この↑動画内にてリアルフォースの打鍵と一緒に詳しく紹介されています。
私は、この動画で「リアルフォースの凄さ」を知りました。

 

興味深くなる

最初は、「そうなのね……」程度にしか興味を持っていませんでしたが、「リアルフォースを紹介するYouTube動画」や「リアルフォースの凄さを語るネット記事」をみるうちに、「一度使ってみたい!」と強く思うようになりました。
これが、2019年の10月です。

 

高価格に驚く

 しかし、私はたった一つの大きな壁にぶち当たりました。
それが……「高価格」であることです。

リアルフォースは、とんでもなく高価格です。
モデルにより異なりますが、3万円以上するキーボードです。

「高い」という理由で、私はリアルフォースから遠ざかってしまいました。

 

私がリアルフォースを購入したワケ

収益が増加した

私がブログを始めてから約1年半が経ちます。
最初は、誰にも読まれず、収益なんて全くありませんでした。

ですが、ブログ開設1周年となるあたりで、収益が増え始めました。
増え始めたといっても、1か月単位では中学生のお小遣いレベルです。

この辺りで、カンフル剤的な意味も込めて、自分にご褒美を!!と思ったのです。
よって、“記事を書くための筆”であるキーボードを買い替えることにしました。

今使用しているキーボードに不満があるわけではありません。
静音赤軸キーボードなので、静音性に優れているかつ、打鍵感が心地よいのでお気に入りです。

▼現在使用キーボードはコチラ

 

日本製高級キーボードへの憧れ

「餅は餅屋」というくらいですから、そのものが本場である国のものを買うべきです。
ですが、日本製のものは世界でも評判が良いです。
何と言っても、クオリティが高いとか……。
海外の人々は、日本の文房具や家電に憧れがあるようです。

という理由で、「日本製のキーボードなら間違いはないか……」という結論に至ったわけです。
でも、私の中では「餅は餅屋理論」が定着しているので、医療器具はドイツ製(私の親戚の医者がドイツ製のステートを愛用していました)が一番と勝手に思っています。

 

あと……高級キーボードというものへの憧れが強いです。
私が現在使用しているメカニカルキーボードでも1万円なので、高価といえば高価です。
でも……折角なら、プロが使用するようなものを使ってみたくなります。
素人が使うので、使いこなせるわけがありませんが、使ってみたいです。

 

当然ながら悩みも……

私が使用して大丈夫なの?

「本当に私が購入して良いのか???」と最初は思いました。
だって、3万円もするキーボードです。
私なんかが、使用したらバチが当たる気がします。
購入を決断した今も「おまえなんか、安っいキーボードでいいよ!!」と怒られそうです……。

 

簡単に壊すことができない

リアルフォースは耐久性に優れているので、普通に使用していて、壊れることはありません。
しかし、外部からのショック(物を落とす、水をかける等)には弱いです。
簡単に壊れて買い替えなんてできません。
リアルフォース2・3台の買い替えで、パソコンが買えます。

 

30gなのか45gなのか……

リアルフォースは、キーの押下圧によってモデル選ぶことができます。
よって、押下圧30gと押下圧45gのリアルフォースユーザーが多いようです。

私も「30g??45g??」と悩みました。
本来なら、試し打ちをするべきですが、あいにく愛知県には試し打ちができる場所がたくさんありません。*1

どうやら、「30gを使いたくなる」という現象も起こるようですね。
f:id:R-kun:20210321103137p:plain
私がリアルフォースレビューで読んだ記事や見た動画では、「30gだと“ああああああsssssssss”となる」という意見が多かったです。
よって、45gにします。

 

今後のリアルフォース記事

今後は、リアルフォース関連の記事を2本アップする予定です。

1本目は、「開封記事」です。
この記事が掲載されている頃には、私の手元にリアルフォースが届いていると思います。
まずは、開封して初めて触った感触等をお届けします。

2本目は、「1か月レビュー記事」です。
約1か月が経過したあたりで、「1か月間使用してみてどうだったのか?」をお届けします。

リアルフォース記事の掲載は、まだ先になりますが、どうぞ皆さんお付き合いください。

------
Report:R-kun龍爆連合™
Photo:R-kun Office

 

 

*1:名駅近くのビックカメラなら試し打ちができそうですが、車で行くのには

aboutお知らせ利用規約お問い合せ