情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

Acrobat、ウェブ上のAcrobatでPDFファイルの編集が可能になったヨ!

f:id:R-kun:20210212102630p:plain

©龍爆連合

Acrobatが提供するAcrobatのウェブ上にて、PDFファイルの編集が可能になった。この機能は無料で使用することができる。

■目次■

 

これまでのPDFファイルの編集

今日では、「履歴書はPDFファイルで提出」や「書類の郵送ではなくPDFファイルをメールで送信」といったように、かなりPDFファイルに依存している。

PDFファイルに依存するがゆえに、PDFファイルを編集することができようなソフトが溢れている。
無償で商用利用することができるソフトや、有償(サブスクリプションサービス)で全ての機能を利用することができるものまで、様々である。

そんな中、PDFの生みの親であるAdobe社が、ウェブ上のAcrobatでPDFファイルを編集することができるサービスの提供を始めた。
このサービスは、無償で利用することができるのだ。 

 

Adobe Acrobatウェブ上でPDFファイルの編集が可能!?

これまででも、Adobeウェブ上でPDFファイルの編集をすることができた。
しかし、無償のサードパーティーソフト(Cube PDF等)や、Adobe Acrobat Proと比較すると、機能は今一つで、「積極的に活用する」ことができるようなものではなかった。

Adobeによる今回のアップデートにより、ウェブ上におけるAcrobat無償サービスが大きく改善され、かなり使いやすく、機能も豊富になったのだ。
(参考:AdobeのAcrobatウェブ上でPDFファイルが編集できるようになった! | ライフハッカー[日本版] (lifehacker.jp)

 

無料で使用可能

この記事では、大きく改善されたAdobe Acrobatのウェブ上サービスの使い方を簡単に紹介しよう!

 

《導入》まずは、アクセス!

まずは、Adobe Acrobatのウェブ上サービスのページにアクセスしよう。
次のリンク(バナー)より、Acrobatのウェブ上サービスにアクセスすることができる。
【無料】PDFのオンラインツール - アドビ公式 | Adobe Acrobat

f:id:R-kun:20210212095215p:plain

 

《ページにアクセス&注意点》

ページにアクセスすると、下の画像のようなトップが表示される。

f:id:R-kun:20210212095810p:plain
ここで注意してほしいのが……

f:id:R-kun:20210212095834p:plain
くれぐれも、「無料で始める」と「ログインまたは無料アカウントを作成」の2か所をクリックしてはいけないことである。
なぜなら、この2か所のどちらかでもクリックをしてしまうと、Adobe Acrobat Proのお試し期間(7日間)スタートへの第一歩を踏んでしまうからである。
Acrobat Proを使ってみたい!という意志があれば、試しても良いが、自動的に有料プランに切り替わってしまう恐れがあるため、「絶対にAcrobat Proを利用しません!」という心構えのある人は、触らないに越したことはないだろう。

 

《使ってみよう!》豊富な機能

では、使ってみよう。
先ほどの画面を下までスクロールしていくと、次の画面のような表示になる。

f:id:R-kun:20210212100316p:plain

ここまで来たら、あとは行いたい作業について「今すぐ試す」をクリックしてみよう。
ここでは、「PDFに変換」をクリックして作業を進める。

f:id:R-kun:20210212101336p:plain
「ファイルドロップでPDF変換」と表示されるので、PDFに変換したいファイルをドロップする。

f:id:R-kun:20210212101423p:plain
アップロード表示が出て……

f:id:R-kun:20210212101445p:plain
ファイルが変換される。

f:id:R-kun:20210212101543p:plain
ファイル変換が終わると、上のような表示になる。
ここでは、「ダウンロード」をクリックすること。
すると、ファイルがダウンロードされる。

f:id:R-kun:20210212101618p:plain
ダウンロード後のPDFファイルを確認すると、Acrobatのウェブ上サービスにて、ファイル変換されたことが分かる。

 

注意点

《ファイル制限がある》

短時間では、2つまでのファイルしか変換することができない。
たくさんのファイルを変換したい場合は、時間をおいてから試行することを求められる。
また、2度目以降は、ファイルをダウンロードしようとすると、強制的にログインが求められる。
ただし、このログインはGoogleアカウントにて無償ログインとなるので、大きな問題ではないだろう。

《フォントが埋め込まれない》

フォントが上手に埋め込まれない可能性がある。
私が試したところでは、「DIN系フォント」はAcrobatウェブ上サービスでは、PDFファイルに埋め込まれなかった。
もしかしたら、「MS明朝・ゴシック」等のMicrosoftOfficeに付属しているフォント以外は、上手にPDFファイルに埋め込まれない可能性がある。 

 

簡易的には使えるだろう……

やはり、まだ不十分な点はいくつかある。
「簡易的」としか利用することはできないだろう。
まだまだ、サードパーティーソフト等に依存する日が続くようだ。 

------
Reference:lifehackreAdobe
Report:R-kun(龍爆連合™)
Photo:龍爆連合™Office
Screen shots:Adobe

 

 

aboutお知らせ利用規約お問い合せ