情報保管庫

情報で生活を豊かにする

To doリストが溜まると恐怖に陥る…やるべきことが多すぎて何をしたら良いのやら…

f:id:R-kun:20201020190704p:plain

©龍爆連合

To doリストが溜まってくると,やらなければならないことが増えてくる。
やるべきことが多すぎて,どれから手を付けたらよいのか分からないよぉ~。

■目次■

 

To doリスト

私は必ずTo doリストを設けている。
このことに関しては,以前の記事にて紹介したはず…。
詳細は以下のリンク先から確認してほしい。

r-kun.hatenablog.jp

私のTo doリストを付けるパターンとして2つある。
1つ目は「一日のはじまり」で2つ目は「やる事が発生したとき」である。

 

《一日の始まり》

一日の始まりは簡単に“やる事”を書く。
本当に簡単に書くだけである。
「○○の準備」とか「○○の確認」や「○○の予約」など確実にその日に忘れてはならないことを書く。
ザッと簡単に書くだけなので,他人が見ると“内容の薄いTo doリスト”と感じるかもしれない。

 

《やる事が発生したとき》

やるべき事が発生したときには適宜付箋に書くようにしている。
普段から紙の手帳を持ち歩いているのだが,その手帳には付箋の束を挟んである。
付箋はポストイットの強粘着がオススメ!
なぜなら…滅多に剥がれないからである。
私からすれば,付箋は剥がれては困るのである。
「貼って剥がせる」ことがポストイットの売りだろうが,「貼って剥がれにくく,剥がすときには剥がしやすい」ことが私が付箋に臨んでいることである。(欲張りだな…)

「○○を△△までに提出」や「△月△日の◇時に○○へ連絡」など,直ちにすべきことではないが,何日か後にはするべき事は付箋に書いて,ひとまず手帳に貼っておく。
手帳に貼ったものは,帰宅して私のデスクに貼っていく。

 

こんな感じで,To doリストというものを活用している。

 

To doリストの恐怖

私にとって,To doリストには恐怖が存在する。
 この恐怖に陥ると…何をしたら良いのか分からなくなってしまう。

 

それは……
「やる事が増えすぎること」である。

 

直ちにすべきこと(今日中にすること)が,5つを超えるとキャパオーバーとなってしまう。
やるべきことの内容にもよるが,手間のかかることが5つを超えると,私は何もできない。
頭がパンクしてしまうのです…。

このようにならないために,普段からちょっとずつTo doリストを片付けていくことをしている。
しかし,1日に10件ものすべきことが発生すると。
ゴメンナサイしたくなるのだ。

 

私の許容範囲が超えて,やる気を失ったときは,私の“プライベートなやる事”を諦める。
すると,プライベートなことをやる時間がなくなってしまう…。
プライベートなことを削ると床屋に行く時間が無くなったり,必要物品を買い出しに行く時間が無くなったりする…。

 

極力引き受けない

誰かに頼まれると引き受けてしまうのが,私の性分である。
極端なことをいうと,多少無理でも引き受けてしまう…。
非常にこれは損な性格だと思う…。

 

そこで!
普段から気を付けていることは,「積極性を時と場合に応じて示す」ようにしている。
常に積極性を前面に押し出しすぎると無茶なお願いをされてしまう。
そのため,時と場合を見計らって「ここだァ!」というときに積極性を出すようにしている。

このようにしたことで,以前よりはTo doリストがパンパンになることはなくなった。
でも,油断すると,平気でTo doリストが溜まっていく…。

ちなみに,この記事を書いている時点では明後日までに提出すべきもの・やるべきことが10件程度溜まっている。

終わるでしょか…?? 

------
Report:R-kun(龍爆連合™)
Photo:龍爆連合™OfficePAKUTASO