情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

【ヤバイ】秋になったら虫が大量に出現するようになった!

f:id:R-kun:20201004140055j:plain

©龍爆連合

季節が秋に移り,虫たちが活発に動くようになった。中には人間に害のある虫もある。充分に注意したい。

■目次■

 

夏の風が頬をかすめていき,消えて秋となる。
10月になり,より一層秋を感じるようになった。
以前にも秋を感じる記事を公開したばかりだ。

r-kun.hatenablog.jp

秋になると夏場に動くことを渋っていた人々の動きが活発になる。
「○○の秋」というように,秋には人を動かす力があるのだろう。

しかし,秋になると人だけでなく,奴らも活発になるのだ!
それは「虫」である。

 

あまり見かけない虫好き

「私は虫がとっても大好きで~す!」という人は,あまり居ないだろう。
私の友人でも見たことがない。「なんとか虫は大丈夫です。」は見たことがあるが…。
特に,都会っ子は虫嫌いが多いのでは?
この記事を書いている私も虫嫌いの一人である。 

 

虫が増えるんだよ!秋は!

秋は気候的にちょうど良いだろう。
日本の至る所では心地よい風を感じることができる。

しかし,秋の心地よい気候は虫たちにとっても最適な気候である。
よって,秋は虫たちが活発になる。
特に,人間に害を与えるような虫が活発になるのだ。 

 

【危険な虫①】ハチ

ハチは確実に活発になる。
特に「スズメバチ」である。
奴らは,至る所に家を建築する。
家の軒下や屋根裏部屋,土の中に木の中など…僅かな隙間でも家を建築する。
また,奴らの家の建築日数は短い。瞬く間に家が完成する。

奴らはかなりの数に増殖する。
そして,狂暴である。一度刺されると死に至ることもある。

そんなスズメバチさんたちが,秋には活発になる。
地方の山奥のみらず,大都会でもスズメバチに出くわすケースは充分に考えられる。
道を歩いていたら刺されるなんてことがあるだろう。

スズメバチから身を護るためにはいくつかの対策がある。
スズメバチに遭遇しやすそうな土地には行かないこと。スズメバチの巣を見つけたら直ちに業者に駆除してもらうこと。ハチが好むような衣服・色を身に着けないこと。
個人でできる対策から大々的な対応まで様々ある。
いくつか対策しておくことが大切だろう。 

 

【危険な虫②】ゴキブリ

ハチほど人体に悪影響を及ぼすことはないが,ゴキブリも危険である。
クロゴキブリは屋外から単独で侵入してきた可能性が高いが,チャバネゴキブリは発見した地で繁殖している可能性がある。
つまり,チャバネゴキブリは1匹見つけたら100匹いる可能性が高いということ。

ハチほど悪影響があるわけではないと言っても,ゴキブリは居て気分が良くなるものではない。
油っこい&魅惑が全くない容姿で,たくさんの人々を傷つけてきた。
個人でできる対策があるのならば,早急に対処したほうが良いだろう。 

 

危険ではないが…

ハチやゴキブリほど危険ではないが,コバエやハエなどの小さな虫が活発になるのも秋である。
カナブンとかも活発になる。
奴らは,それほどの危険がないものの,居ることで気分が良くなるわけではない。
万が一,食品に混入した場合は“重大インシデント”になりかねない。
窓を開けるときは網戸にする。窓はちょこっとだけ開けるのではなく全開にする。
定期的に虫予防スプレーを噴射するなど,対策をしたほうが良いだろう。

 

どうにも過剰に繁殖している場合は,業者に頼んで駆除してもらうことが最善である。
しかし,しょっちゅう業者に頼むことはできない。ましてや,新型コロナウイルスの影響で直接接触することは極力控えるような風習になっている。
できるだけ個人で対処しなければならない。
そのためにも,予防するなど害虫駆除に意識しなければならない。

今年の気候では,ハチの活動期間が例年より長くなる模様である。
より一層の努力が必要だろう。 

------
Report:R-kun(龍爆連合™)
Photo:龍爆連合™OfficePAKUTASO

aboutお知らせ利用規約お問い合せ