情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

【処分】不要なプリント達を廃棄しなければならない

f:id:R-kun:20200824103036j:plain

©龍爆連合

溜まった不要なプリント達を廃棄しないと何も収まりません。

■目次■

 

山積みのプリント達

<プリントの山>

誰でも一度は経験したことがあるはずだ。
それは「プリントの山」のことである。

いくらペーパレス化が進んだ社会だからといっても,学校からはたくさんのプリント達が配布される。
そのプリント達は,学習教材であるものやクラス通信のようなものまで,種類は様々である。
ちなみに,私の部屋には小学生のころから高校生のころまでの“プリント&教材”がたくさん転がっている。

 

<小学~高校までの山>

まず,小学生のものについて。
小学生のころのプリントはさすがに保管していない。
しかし,教科書&副教材は6年間分保管してあるのだ。
「いつか読み返すかもしれない…。」と思って保管していたが,一度も読み返したことはない。

続いて,中学生のものについて。
中学生のころのプリントは学習に関するもののみ保管されている。
クラス通信や連絡等のプリントは全て廃棄したみたいだ。
また,教科書は全て保管されている。
副教材は「必要だろう…」と感じたもののみは保管しているようだ。

そして,高校生のものについて。
高校生のころのプリントは全て廃棄されていた。
だが,教科書&副教材は全て発見された。
もう一度,大学入試に挑むつもりなのだろうか…?入試の参考書までしっかりと保管されていた。手垢だらけの参考書なんて必要ないだろう。

大学で使用しているものは,これから使う可能性が高いので,何も触らずに保管しておく。

 

一気に処分

小学~高校までのものは,要らないだろうと判断した。
よって,一気に処分した。

小学生のころのものからは,教科書・副教材・プリント等すべて廃棄した。
中学生のころのものからは,教科書以外のものすべて廃棄した。
高校生のころのものからは,教科書以外のものすべて廃棄した。
だいぶスッキリした。

 

定期的に処分をしなければ・・・

モノが増えると,新しいモノを保管する場所がなくなる。
すると,何も保管することができなくなる。
モノのサイクルが悪くなる…。

よって,定期的に一気に廃棄祭を催したほうが良いかもしれない。
ペーパレス化に努めている社会になっているからと言っても,教育機関から紙たちが消えることは無いだろう。
紙たちと上手に付き合っていく必要があるだろう。

 

うんこドリル かん字 小学1年生 (うんこドリルシリーズ)

うんこドリル かん字 小学1年生 (うんこドリルシリーズ)

  • 発売日: 2020/01/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

------
Report:R-kun(龍爆連合™)
Photo:龍爆連合™OfficePAKUTASO

aboutお知らせ利用規約お問い合せ