龍爆連合™

小ネタのためのメモ帳

【新型コロナウイルス】油断している〜「羽鳥の寝語り」を聴いて

f:id:R-kun:20200614151132p:plain

©龍爆連合

GO羽鳥さんの「羽鳥の寝語り」によると、緊急事態宣言解除後・東京アラート解除後の我々は油断しているらしい。

■目次■

 

宣言・アラート解除

先週までに、緊急事態宣言・東京アラートが解除された。

各種宣言解除に伴って、これまで営業を自粛していた企業・店舗では、着々と営業再開に向けて準備をしている。

 

東京では、企業・店舗の営業再開に関して、4つのステップに分けて、順次規制を緩和している。

この記事が公開される頃には、ステップ4まで進み、ほぼ全ての企業・店舗・施設が営業再開しているだろう。

 

このような状況の中、ロケットニュース24の編集長ライターであり、YouTuberであるGO羽鳥さんは、自身のYouTubeチャンネル『羽鳥の寝語り』で、我々は“油断している”と言及した。

 

 

油断している

今回の記事に取り上げている、GO羽鳥さんの『羽鳥の寝語り』は以下のリンクから閲覧することができる。

youtu.be

 この動画を閲覧して、私は「確かに我々は油断しているかもしれない・・・」と感じた。

 

スーパーマーケットやコンビニに来店する人、対向車の中の人を見ると、マスクの着用率が以前より、減少した。

1ヶ月・2ヶ月前の我々は、小さくても良いから、布でも良いからマスクが欲しいと感じていた。マスクに飢えていた。

紙製品やマスクの買い占めまで発生した。

マスクをしていない人を「犯罪者」のように見る人、「自粛警察」と呼ばれる人も現れた。

 

しかし、今日では、薬局・スーパーマーケットに行けば、いつでもマスク・紙製品が揃っている。

価格は、少々高いが、死にものぐるいで買うようなものでは無くなった。

「必要なときに買う」にシフトされた。

 

これと同時に、各種宣言が解除され、以前ほどではないが、ようやく普通に近いを送ることができた。

「新しい生活様式」によって、ソーシャルディスタンスや消毒などルールは増えたが、不自由は無いだろう。

 

だが、我々は「各種宣言解除」をどうも勘違いしているようだ。

宣言が解除されたから、大丈夫というわけではないのだ。

宣言が解除されても、教育機関は密にならないような環境づくりに努めている。

スーパーマーケット・コンビニでもパテーションで区切り、人と人との距離をある程度保つように努めている。

 

我々は「危険である」という「自覚」を失いつつあるのかもしれない。

 

≫参考:GO羽鳥「羽鳥の寝語り」

 

最後に・・・

新型コロナウイルスが来ることを予想もしていなかった、去年・一昨年のような生活は、二度と送れないかもしれない。

もしかしたら、今年よりも来年のほうが酷い状況になっているかもしれない。

パンデミックが二度三度訪れるかもしれない。

 

改めて、我々の生活の仕方を見直して欲しい。

ちょっと、気が緩んでいるのでは無いだろうか?

他人のことまで目を向ける必要は無いが、自分のことは自分で守るために、努めてほしい。

-----
Reference source:GO羽鳥「羽鳥の寝語り」
Report:龍爆連合
Photo:龍爆連合Office

aboutお知らせ利用規約お問合せ

Copyright © 2020 RYUBAKURENGO. All rights reserved.