情報保管庫 ~R-kunのブログ~

Youは何しに情報保管庫へ? そこにR-kunが私を待っている

TAWARON製 一脚(三脚)にもなる自撮り棒

f:id:R-kun:20200222193547j:plain

©龍爆連合

私にとって生まれてはじめてのAmazonにて購入した商品が届いた。

今日までに至る経緯は、過去の関連記事(以下のURL)よりご覧いただける。

Amazonの通常配送はどれくらいで届くのか<Part2>思ったより早いのか否か…。 - 龍爆連合

今回は、購入した商品の簡単なレビューを行う。本格的なレビューは既に他のブログサイトやYouTubeにあるので、そちらを参考にしていただく。

私は、他のブログに記述されていなかった内容のみのレビューをする。

■目次

 

取扱説明書

大抵の商品の概要は取扱説明書を読めばわかってしまうこともある。以下に取扱説明書の画像を貼っておく。

f:id:R-kun:20200223203555p:plain

f:id:R-kun:20200223203606p:plain

 

内容物

Amazon箱を開けてみると、ちゃんと梱包されていた。

f:id:R-kun:20200222184909j:plain

 

内容物は次の写真のとおり。必要最低限って感じ。袋は無いため、自作する必要があるかもしれない。

f:id:R-kun:20200222184238j:plain

左から順に、外箱→取扱説明書→充電ケーブル→スマホホルダー→本体である。

ちなみに、外箱側面のシールには、2018改良版新品と書かれている。

全体像

全体像は次の写真の通り。高さは公式サイズでは100cmらしいが、実際に計測してみると82cmであった。約20cm盛ったな…。

f:id:R-kun:20200222183600j:plain

スタンドになる脚元にはBluetoothリモコンが装着されている。

雲台すぐ下に自身の姿を確認することができるミラーがついている。

 

スペック

この商品のスペックは以下のとおり。

  • 最大アーム:約82cm
  • 材質:アルミ、シリコン、ABS
  • Bluetooth規格:Bluetooth3.0 Class2
  • プロファイル:HID
  • 電波周波数:2.4GHz帯
  • 電波到達距離:最大半径約10m
  • 連続動作時間:約20時間
  • 連続待機日数:約150日

 

使用した感じ

便利さ

自撮り棒になり、スタンドにもなるといった点では優秀な商品かもしれない。重さは文庫本くらいなので、持ち運びも不便ではない。

f:id:R-kun:20200222185001j:plain

また、最小に縮めれば約22cmなので鞄にもスッポリと収まるだろう。

 

機能

Bluetoothリモコン>

Bluetoothリモコンは本体のリモコンホルスターに取り付けられている。

f:id:R-kun:20200222193150g:plain

指で引っ掛けてやれば簡単に取り外すことができる。リモコンホルスターは固めのシリコンで出来ている。

 

Bluetoothリモコンは1分以内にペアリングが済む。

f:id:R-kun:20200222193225g:plain

ペアリング中は青色の光が点滅し、ペアリングが完了すると消灯する。

 

Bluetoothリモコンは問題なく「ズーム・ズームアウト」、「シャッター」が機能した。私が使用した端末は、「Xperia1」と「XperiaXZ」である。いすれもカメラアプリは標準搭載されていたものを使用した。

f:id:R-kun:20200222193310g:plain

しかし、インカメラ時にはリモコンにてズームでできない。これが、カメラアプリの仕様になっている。

 

<雲台・ホルダー>

雲台はAmazonのサイトに書かれているとおりに360度にグルングルン回るため、スマホを縦向きにも設置できる。

スマホを挟むホルダーはバネ式ではない。

f:id:R-kun:20200222185238j:plain

ツマミを回すと幅が広がったり狭くなったりするため、バネでバチンッと挟んでしまってスマホが飛ぶことがない。スマホが傷つきにくい。

ホルダーは分厚いものスマホでも取り付けることができる。

f:id:R-kun:20200222193420p:plain

Xperia1にTPUスマホケース&バンカーリングを装着したままスマホホルダーに取り付けてみた。なんの問題もない。

 

また、雲台は1/4インチなので大抵のカメラを取り付けることもできる。

f:id:R-kun:20200222185606j:plain

私は、持っていたNIKON製のデジカメをつけてみた。大きな一眼レフだとふらつくかもしれないが、これくらいなら問題なし。

 

<充電ケーブル>

充電ケーブルは、USB2.0 type-A to Micro usb type-Bである。

f:id:R-kun:20200222185415j:plain

家電量販店等でも互換性のあるケーブルがある。もし無くしても手に入りやすそうだ。

充電には約20分を要する。

 

丈夫さ

 自撮り棒として使用する分には、全く問題のない強度である。しかし、一脚(三脚)として使用すると台風のような強風では倒れてしまうかもしれない。軽く押したくらいでは倒れない。

 

欠点

自撮り棒として使用する際に、持ちての部分が太いため少し持ちにくく感じる。

欠点はこれくらいかな…。

 

最後に・・・ 

感想

初めての自撮り棒かつ機能がたくさんついているものが欲しい人にはオススメの一品である。価格も3000円以内で済むためコスパは大変良い。

私はハズレの個体では無いが、Amazonレビューを読むと不良品がある場合があるため、その点は運かもしれない。しかし、Amazonはちゃんと不良品の対処もしてくれるので問題はないだろう。

初めてのAmazonであったが、通常配送でも約3日で届いた。しかし、人気の商品であれば、このように上手くいかなかったかもしれない。

 

商品リンク(楽天

※私の住む地域では約3日で当該商品が届いたが、地域によってはAmazonより楽天の方が商品が届くのが早いこともあるため、今回は楽天の商品リンクを貼りました。Amazonで注文しても楽天で注文しても同じ商品が届くのでその点は心配しないでください。