龍爆連合™

小ネタのためのメモ帳

昨日は何の日でしょう〜。

2020年1月14日。

昨日、Windows7のサポートが終了しました〜〜。

 

一昨日のテレビでは、Windows7サポート終了に関してのニュースが報道されていました。家電量販店では駆け込み需要だとか。

ソース画像を表示ソース画像を表示

筆者の家では、父親が仕事関係のPCでWindows7を使用していて、一昨日の日曜日に焦っていた。サポート終了を1年間違えていただとか…。仕事関係のPCだから勝手に買い換えることができないだとか。サラリーマンは大変です。

筆者が「サポート切れるからセキュリティ上危ないよ。ウィルス入れられるよ。」と言ったら、「悪い冗談はよしてよ…。」なんて言っていた。

 

一体どれほど危険なのだろう?

 

マウスコンピュータの公式サイトでは、Windows7のサポート終了に関しての危険性をまとめた記事が書かれていました。

www.mouse-jp.co.jp

これを機に買い換える人も多いよね。

筆者は昨年より、MacbookAirを使っているので、Windows7のサポート終了の影響はなかった。

 

昨年、Macに替える前はWindowsパソコンを使っていた。マウスコンピュータのノートPCを使っていた。

現在、マウスコンピュータのノートPCは母親が使っている。結構ハイスペックなのにインターネット用途でしか使わない。もったいないなぁ…。

 

Macを使い始めてから色んなことに気づいた。

それは、「Windows良かったな〜」である。

長年Windowsを使っているとWindowsの体になっている。

Macでは、あれができない。これもできない。」がたくさんだ。

 

Blu-ray・DVD・CDの読み書きならWindowsが優れている。筆者が使っていたWindowsPCにはBlu-rayドライブを付けてあった。意外と使うんだよこれが。

 

年賀状作成もWindowsが優れていた。CDROMの年賀状データでラクラクに作れる。

Macの場合、CDは外付けドライブで読めても、ソフトが対応していないことが多いね。

 

MicrosoftのソフトもWindowsのが美しく動く。Excel・Word・PowerPointOutlookOneNoteなど。

Mac版だと慣れていないためか、若干操作に迷いがでる。

 

Windowsのほうが優れている点は他にもあるが、今回はここまでにしておく。

きりがないからね。

 

Macにも優れている点はあるけど、書くのはやめておく。

 

おかげでWindowsMacも使える体にはなった。

成長はしたよ。

 

でも、初めてPCを買う人にはWindowsを薦める。

Macより価格が安い分、BTOで高性能にすることができるからね。

高性能にすると宝の持ち腐れとか言うかもしれないけど、後々、高性能で良かったって思うときがくるからね。

 

«前回の記事へ初回の記事へ

 

aboutお知らせ利用規約お問合せ

Copyright © 2020 RYUBAKURENGO. All rights reserved.